妄想中年日記

連載第71回: クリミナル 2人の記憶を持つ男

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2017.
09.12Tue

クリミナル 2人の記憶を持つ男

iTunesで『クリミナル 2人の記憶を持つ男』をみた。家族の記憶のエピソードには大いに泣かされたし、荒唐無稽なSF設定を割引けば悪くない筋書きだった。結末は腑に落ちなかった。たしかにCIA職員は善人だったろうし犯罪者はいないほうがいい人間だ。かといってCIA職員は死んだのだし、犯罪者が社会病質になったのは前頭葉の損傷が原因であり、その障害の治療法としてSF的な設定が用意されたのではなかったか。であればあるべきハッピーエンドは、善人の記憶を移植して前頭葉を正常に発達させ、人間としての機能を回復することであるはずだ。社会病質という障害が消え失せることではあっても、CIA職員が犯罪者に取って代わることではない。CIA職員の視点・主観で物語が進行するのならそれもありだったかもしれない。犯罪者視点の映画ではどうもしっくりこない。

家族の記憶のエピソードで泣かされつつも腑に落ちなかったといえば『ゴースト・イン・ザ・シェル』もそうだった。『クリミナル』と違ってこちらは見どころが少ない。桃井かおりの演技くらいだ。全体にひどい出来でありながら彼女だけはよかった。おそらくSF的な意匠を盛り込みすぎたのが失敗の要因だろう。押井守のアニメ映画が成功したのは切り詰めた表現のおかげだった。ハリウッド版はまるで冴えない素人の二次創作作品を見せられているかのようだった。タルコフスキー的な鏡像イメージのオマージュにも必然性がなかった。ああいう描写は主題を象徴する意味があって初めて成立するものだと思う。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国