特集: 連載作品

人格OverDrive でしか読めない作品です。
お薦め!

バラクーダ・スカイ

『☆』で読書家の話題をさらったインディ文学の巨匠、イシュマエル・ノヴォーク最新長篇!
ヴェトナムの悪夢から大麻とおふざけに逃避する作家、ジェイクは腐れ縁の元恋人ステイシーから実家に帰る話を切り出され、無関心を装いながらも落ち着かない。偉大な父を追うあまり家庭を顧みないテキサスの保安官代理、エミールは失敗した結婚から逃げるように無茶をやり、妻ばかりか息子の愛まで失いかねない有様。護送中に逃亡した囚人を追い、カリフォルニアを訪れたエミールは傷心のステイシーと出逢う。一方、クラブを焼かれたギャングが落とし前をつけるべく囚人に刺客を差し向け、不運にもジェイクは騒動に巻き込まれる……。人生を繋ぎ止めるために作家は書き、保安官はレンジャーになることに固執する。男らしさに翻弄されるふたりの人生が、虹色スペクトルのパレードで交差する!! 80年代カリフォルニアを舞台に展開されるオフビートな物語。

読んだ人: 杜 昌彦

お薦め!
無料

書写という趣味

文字と文房具、作家たちの言葉……noteで『捨てるための日記』を連載中の28(にわ)ノ烏さんこと28(にわ)さんが導く書写の世界。

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!

『コロナの時代の愛』の鬼才、イシュマエル・ノヴォーク待望の最新長編!
ウォルマートのレジ係、マーガレット・ホットフィールドは一ヶ月前に母を亡くして天涯孤独。ある昼下がり、アパートを訪れた弁護士に、逢ったこともない父の存在を告げられた。1971年にパリのアパートで客死した伝説のロックバンド〈パーセプション〉の歌手、ダグラス・ハイドパークの血をマーガレットが受け継いでいるというのだ。運命に導かれるがごとく契約書に署名した彼女は、ヌンチャクを手にしたトンボ眼鏡のアフロファンキーDJ、全裸で空から降ってきたプレスリーのそっくりさん、写真家にして弁護士のトランスジェンダーといった奇妙な仲間たちと珍道中を繰り広げながら、血と音楽のルーツを求めて冒険の旅に出る……70年代にオーバードーズで死んだ伝説のロック歌手を巡る、抱腹絶倒、ワチャワチャでハチャメチャなドタバタ劇!

読んだ人: 28(にわ)

お薦め!
無料

目に映らない愚か者

研究者であるための必要条件は、批評家であることの十分条件ではない。今日、批評は大学に対して微妙な距離を保ちにくくなっている。こうした「自由」な学問によって見え難くなる権力こそ、今日の「批評」の標的となる……『裏切り者へ愛をこめて:阿部和重論』で反響を呼んだ『インフィニット・ジェスト』翻訳者、柳楽馨による批評の批評。

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!
無料

アルバーテプラのサーカス団

気鋭の奇想作家・伊藤なむあひ、満を持しての短篇連載!

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!
無料

くみた柑のオキラクニッキ

時々オキラク、時々マジメ。基本オキラクだけど、人生ってきっと厳しい——『おもちゃの指輪が絆ぐ時』『行き先はきくな』の作家が綴る日常のあれこれ。

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!

一夜文庫さんの本棚

一夜文庫さんによる選りすぐりの本です。

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!
無料

夜の雑記帖

寝る前に綴った泡のような言葉です。

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!

GONZO

¥1,760

姫川尊の噂をするとき、わたしたちが浮かべる表情は、決まって揶揄であり蔑みだった……頭のおかしい嘘つきおばさんが語る、ばかばかしくも切実なZ級BLアクション!(2021年作)

読んだ人: 人格OverDrive 編集部

お薦め!
無料

孤独の座標

橋を一つひとつ焼き落とし、かつての自分を葬って生きてきた。時どき、自分が過去も未来もない空間を漂っているような気持になる……都会の夜を漂う思考の記録。

読んだ人: 人格OverDrive 編集部