妄想中年日記

レーベル主催者のゆかいな日常

試す

もうすこし掘り下げてから、と考えていたが完璧に仕上がるのを待っていたらいつまで経ってもはじめられない。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

いつだって読み込み中

おれの頭もAmazon.jsのように永久に読み込み中のままのようだ。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

Don’t try, Just do it

自分にそれがやれるということを証明するためにやっている。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

あなた自身であるために

インターネットそのものが読書と相性が悪く、その問題をまず先に改善しなければ望ましい読まれ方をされない。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

出版の民主化とソーシャル、ブランドとキャラ

キャラとブランドは互いに相容れない概念だが混同されやすい。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

書いて出版することは好きに生きること

習慣は変えないほうがいいらしい。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

助走の次へ

ひとたび習慣化したからには放り出すのは負けたようで悔しい気持もある。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK

人間だれしも年に一度はビートルズを聴きなおしたくなるものだ。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

未来をふりかえる

そんな時代にあってそれでもなお書くのであれば原点に立ち返る必要があると思う。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦

30年の夢

十代の頃に影響を受けた作品を再視聴したり再読したりしている。

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦