チューリップ
ISBN: 9784794221568

チューリップ

『マルタの鷹』『血の収穫』のダシール・ハメットはパルプマガジン「ブラックマスク」から登場し、ヘミングウェイやフィッツジェラルドと並ぶ二十世紀アメリカ文学の重要な小説家と見なされるまでになった。1961年に亡くなるまで書き続けられ、未完となっている中篇小説「チューリップ」を中心とし、初期の文芸作品風の短篇も収めた小説集。ハードボイルド小説の日本での紹介者・小鷹信光個人訳に、評論・解説を付す。
ハードボイルド精神とは何か? 遺作と編者特選短篇を集めた愛蔵版。

¥ 2,376
草思社(単行本: 2015-11-12)
ジャンル:
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:ダシール・ハメット

(1894年5月27日 - 1961年1月10日) 米国のミステリ作家。厳しい客観筆致によるいわゆるハードボイルド文体を確立した代表的な人物である。ピンカートンでの探偵としての経験を生かした描写で知られる。

2017.
09.07Thu

チューリップ

読んだつもりでいたのですが勘違いでした。表題作は完成すれば『ガラスの鍵』を越える傑作になっていたかもしれません。フリッツクラフトの寓話が肥大して主題を乗っ取るかのような、そんな話になるはずだったんじゃないかという気がしました。ほかにも中年男のありふれた休日の話はブコウスキーを思わせたり、拳銃恐怖症の男が撃たれた拍子に……という話のぶっとび具合に「若い頃はこんなのを書いてたんだ」と驚かされたりしたのですが、どうも気分が乗らず、半分しか読めないうちに図書館の返却期限を過ぎてしまいました。いずれちゃんとした感想を書こうと思います。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本