父を撃った12の銃弾
ASIN: B08X49Z13D

父を撃った12の銃弾

12歳の少女ルーは、父とともに亡き母の故郷に移り住んだ。それまでは父とふたり、各地を転々としながら暮らしてきたが、娘に真っ当な暮らしをさせようと、父サミュエルは真っ当に働くことを決めたのだ。しかし母方の祖母は父娘に会おうとしない。母はなぜ死んだのか。自分が生まれる前、両親はどんなふうに生きてきたのか。父の身体に刻まれた弾傷はどうしてできたのか。真相は彼女が考える以上に重く、その因縁が父娘に忍び寄りつつあった……。ティーンとしていじめや恋愛を経験して成長してゆくルーの物語と、サミュエルを撃った弾丸にまつわる過去の断章を交互に語り、緊迫のクライム・サスペンスと雄大なロード・ノヴェル、鮮烈な青春小説と美しい自然の物語を完璧に融合させ、みずみずしい感動を呼ぶ傑作ミステリー。


¥2,200
文藝春秋 2021年, Kindle版 526頁
※価格はこのページが表示された時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点で Amazon.co.jp に表示されている価格の情報が適用されます。

父を撃った12の銃弾

父を撃った最後の銃弾は永遠に身中に留まるあらゆる場所やかかわりを通過しつづけた歳月にとどめを刺すように味わいのある文章といい練られた構成や伏線といいとてもよかったのだけれど優等生的な感じがして素直に絶賛できなかった巧い小説はきらいじゃないんだけどな巧さが鼻につく⋯⋯というほど悪くはなかったのだけれど素直に感じ入れなかったのは結局のところこの小説が親子の絆をうたいあげる性質の物語だったからだと思うきわめて上手に書かれたファザコン小説というかおれは異常者である両親に虐待されて育ちだれにも愛されたことがないので正常な人間の営みが理解できないそのせいかもしれないタイトルロールの育ちのせいでおもに犯罪で生計をたててきた人物なのだけれどもおれの父のような社会病質ではない至極まっとうな考え方をする撃ち方を娘に教えるくだりなんか生きる術を伝えようとする真摯さがあってなるほど親が子にしてあげられるのは人間として次の世代にそのような態度で接さなければならないのはそういうことなのだと思わされ絶望を教えて生きる術を奪おうとしたおれの父との隔たりに気が遠くなる優等生の朗読する親自慢の作文を教室で聞かされたような気分だこの記事のために画像検索して著者の風貌がおれが想像した主人公の少女そのままだったのに驚かされた父親を愛している女性には響く物語ではないかと思う知らんけど

(2022年02月12日)

(1975年6月18日 - )著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『血と言葉』(旧題:『悪魔とドライヴ』)が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。代表作に『ぼっちの帝国』『GONZO』など。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告

AUTHOR


ハンナ・ティンティ
1973年 -

米国の作家。2002年に文芸誌One Story を創刊、14年にわたり編集長を務める。2005年、短編集『Animal Crackers』で作家デビュー。同書はPEN/ヘミングウェイ賞の次点となる。2009年の第1長編『The Good Thief』も全米図書館協会のアレックス賞ほか多数の文学賞を受賞。第二長編『父を撃った12の銃弾』でエドガー賞最優秀長編賞の候補。

ハンナ・ティンティの本