オラクル・ナイト
SKU: 4102451161

オラクル・ナイト

重病から生還した34歳の作家シドニーはリハビリのためにブルックリンの街を歩き始め、不思議な文具店で魅入られたようにブルーのノートを買う。そこに書き始めた小説は……。美しく謎めいた妻グレース、中国人の文具店主Ⅿ・R・チャン、ガーゴイルの石像や物語内の物語『神託の夜(オラクル・ナイト)』。ニューヨークの闇の中で輝き、弦楽四重奏のように響き合う重層的な愛の物語。

ジャンル:

著者:ポール・オースター

(1947年2月3日 -)米国の作家・詩人・映画監督。彼の作品はニューヨーク、特にブルックリンを土台にしている。1993年、『リヴァイアサン』によってフランス・メディシス賞の外国小説部門賞を受賞した。

2017.
09.07Thu

オラクル・ナイト

筋立てや細部は憶えてるんですけど、どっちのオースターだったか記憶にないですね。たぶんだめなほうだったと思います。彼はおそらく意図的に交互に書いてるんで。前の本は傑作でしたからね。でも『幻影の書』以降のオースターはだめなほうもいいんですよ。退屈でダウナーなのは変わりないんですけど、深みがある。つまらないけど読む価値があります。二択なら『幻影の書』を薦めますけどね。ハードカバー版の装幀は青いノートをイメージしていて、よかったです。


杜 昌彦

(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。硬質な文体と独創的な物語で知られる。作風はアヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される。2010年から別名義で活動。2013年日本電子出版協会(JEPA )主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。

似ている本