ロング・グッドバイ
SKU: B01B2MWSBS

ロング・グッドバイ

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた…大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞受賞作。

著者:レイモンド・チャンドラー

(1888年7月23日 - 1959年3月26日)1932年、大恐慌で石油会社の職を失い、翌年『ブラック・マスク』誌にて短篇「ゆすり屋は撃たない」でデビュー。1939年には処女長篇『大いなる眠り』を発表。1953年『ロング・グッドバイ』でMWA最優秀長篇賞を受賞。1959年没。享年70。

レイモンド・チャンドラーの本
2017.
09.05Tue

ロング・グッドバイ

清水訳で20回読まないとわからなかったことが一度読めばわかるように訳してある、と当時はよろこんだものでした。でも村上訳がシリーズ化されてみると……清水訳、田中小実昌訳のよさが逆にわかるような気もしてきました。村上訳ではシリーズ中これがいちばん出来がいいですね。ちゃんとマーロウになっている。訳のことを抜きにしてもチャンドラーではこれがいちばん好きです。次点が『高い窓』『湖中の女』かなぁ。その次くらいに『さらば愛しき女よ』がきて最後が『大いなる眠り』かな。むかしは語りたいことがいっぱいあったんだけど実作で考察し尽くしたんでいまは特にいうことないです。


杜 昌彦

(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。硬質な文体と独創的な物語で知られる。作風はアヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される。2010年から別名義で活動。2013年日本電子出版協会(JEPA )主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。

似ている本