競売ナンバー49の叫び
ISBN: 9784105372095

競売ナンバー49の叫び

ある夏の日に突然、かつての恋人から遺産のゆくえを託された若妻エディパは茫然と立ちすくむ。その男こそ、カリフォルニアきっての大富豪だったのだから―。調査に赴く女探偵の前に現れたのはハンサムな顧問弁護士に大量の切手コレクション、いたるところに記された暗号めいた文字列に郵便ラッパのマーク、そして、奇怪にして残酷、暗喩に満ちた古典劇。すべては歴史の裏に潜む巨大な闇を指し示していた…。だが謎は増え、手掛かりは喪われてゆく。果たしてエディパは間に合うのか?そして、彼女に真に託された遺産とは?絶え間ない逸脱と連発されるギャグの数々。にもかかわらず、天才作家は最速のスピードで読者を狂熱へと連れ去る。稠密にして底抜け、痛快にして精緻なる名作が、詳細なガイド「49の手引き」を付して新訳。

¥ 3,024
新潮社(単行本: 2011-07-01)
※価格は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:トマス・ピンチョン

(1937年5月8日 - )現代の米国文学を代表する作家。1990年代以降定期的にノーベル文学賞候補に挙げられている。作品は長大で難解とされるものが多く、SFや科学、TVや音楽などのポップカルチャーから歴史まで極めて幅広い要素が含まれた総合的なポストモダン文学である。

2017.
09.06Wed

競売ナンバー49の叫び

これもねぇ、驚かされましたねぇ。インターネットの寓話なんですよ、書かれた当時そんなものはなかったのに。ピンチョンとしては普通に読みやすいしスリルとサスペンスでつるつる読めます。……なんでピンチョンというと難読性の話に寄っちゃうんだろうな。そんなこと書きたいわけじゃないのに。まぁ普通におもしろい上に例のおかしな魅力があるんですよ。魔術的な。マジックリアリズムって意味じゃなくて、なんかこう、惹きつけられちゃう。『ヴァインランド』につづいて本書を読んだからファンになったのかもしれませんねぇ。どこまでわかって書いてたのか、ピンチョンは応用物理工学をやってたそうだから、あるいは明確に全部わかって書いてたのかもしれない、ずっとのちに70年代を舞台にまたインターネットについて書いてますからね。化け物ですよやっぱり。ウィリアム・ギブスンが『パターン・レコグニション』で下敷きにしてますけど、あれは現物が普及してからの小説ですからね。本書と『パターン・レコグニション』は『Pの刺激』の元ネタです。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的な作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本