ボトムズ
SKU: 4151754512

ボトムズ

80歳を過ぎた今、70年前の夏の出来事を思い出す―11歳のぼくは暗い森に迷い込んだ。そこで出会ったのは伝説の怪物“ゴート・マン”。必死に逃げて河岸に辿りついたけれど、そこにも悪夢の光景が。体じゅうを切り裂かれた、黒人女性の全裸死体が木にぶらさがっていたんだ。ぼくは親には黙って殺人鬼の正体を調べようとするけど…恐怖と立ち向かう少年の日々を描き出す、アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。

著者:ジョー・R・ランズデール

(1951年10月28日 - )米国の作家。英国ファンタジー賞、グリンツァーネ・カヴール賞文学部門、アメリカ・ホラー賞、エドガー賞 長編賞など数々の文学賞を受賞。ブラム・ストーカー賞は8度も受賞している。2007年には、世界ホラー・コンがホラー分野での貢献を称えて巨匠賞を授与した。

ジョー・R・ランズデールの本
2018.
02.28Wed

ボトムズ

追憶ハードボイルドの傑作。中編版と読み比べると冷や汗を垂らす人物の変更が作品に深みを与えています。フィリップ・マーロウは文学的には『大いなる遺産』のピップの末裔だと思うのですが、この小説もまたディケンズっぽいと感じました。ランズデール、この頃は人気だったのになぜ翻訳されなくなったんでしょうね。影響を受けて『崖っぷちマロの冒険』という小説を書きました(現在は絶版)。


杜 昌彦

(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。硬質な文体と独創的な物語で知られる。作風はアヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される。2010年から別名義で活動。2013年日本電子出版協会(JEPA )主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。

似ている本