江戸川乱歩傑作選
ASIN: B00CL6N04E

江戸川乱歩傑作選

読者諸君、これが日本で一番美しい犯罪小説だ。
耽美的トリック×倒錯的フェティシズムが交錯する、本格探偵小説を確立した初期傑作9編。

日本における本格探偵小説を確立したばかりではなく、恐怖小説とでも呼ぶべき芸術小説をも創り出した乱歩の初期を代表する傑作9編を収める。特異な暗号コードによる巧妙なトリックを用いた処女作「二銭銅貨」、苦痛と快楽と惨劇を描いて著者の怪奇趣味の極限を代表する「芋虫」、他に「二癈人」「D坂の殺人事件」「心理試験」「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」。

※価格はこのページが表示された時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点で Amazon.co.jp に表示されている価格の情報が適用されます。

読んだ人:伊藤なむあひ

江戸川乱歩傑作選

少年探偵団シリーズは不思議と一作も手をつけなかった代わりに繰り返し読んだのは芋虫」 「人間椅子」 「鏡地獄といった短編で幼い読者である僕は本当にこんなものを読んで良いのだろうかと怯えていた安部公房と江戸川乱歩は僕の文学的両親にあたる

(2022年05月06日)

小説家。北海道生まれ。パンと猫と音楽が好き。幻想と怪奇7に短編小説「天使についての試論」掲載。anon pressに「偏在する鳥たちは遍在する」、小説すばる2022年11月号にフラッシュフィクション「合法的トトノイ方ノススメ」掲載。奇想/SF作品集『天使についての試論』(単著)発売中。主に縁起が悪い小説を書いています。
ぼっち広告

AUTHOR


江戸川乱歩
1894年10月21日 - 1965年7月28日

日本の作家。日本推理作家協会初代理事長。大正から昭和期にかけて活躍し、主に推理小説を得意とした。また、第二次世界大戦後は推理小説分野を中心に評論家や研究家、編集者としても活躍した。乱歩の寄付で創設された江戸川乱歩賞が推理作家の登竜門となるなど、後世にも大きな影響を与えた。

江戸川乱歩の本