夏目漱石

1867年2月9日 - 1916年12月9日
日本の教師・小説家・評論家・英文学者・俳人。明治末期から大正初期にかけて活躍し、今日通用する言文一致の現代書き言葉を作った近代日本文学の文豪の一人。代表作は『吾輩は猫である』『坊つちやん』『三四郎』『それから』『こゝろ』『明暗』など。