サラ・グラン

1971年-
米国の作家。『探偵は壊れた街で』は2011年に発表された4作目の長篇作品で、独特の世界観を持つ女性私立探偵クレア・デウィットを主人公としたシリーズの第一作。2012年マカヴィティ賞最優秀長篇賞、ドイツ・ミステリ大賞翻訳部門一位を獲得。またハメット賞やシェイマス賞最優秀処女私立探偵小説賞の最終候補作にもなるなど、高い評価を得た