江戸川乱歩

(えどがわ らんぽ、1894年10月21日 - 1965年7月28日)日本の作家。日本推理作家協会初代理事長。筆名は小説家のエドガー・アラン・ポーのもじり。大正から昭和期にかけて活躍し、主に推理小説を得意とした。また、第二次世界大戦後は推理小説分野を中心に評論家や研究家、編集者としても活躍した。乱歩の寄付で創設された江戸川乱歩賞が推理作家の登竜門となるなど、後世にも大きな影響を与えた。自らも実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。