伊藤計劃

(1974年10月14日 – 2009年3月20日)日本の作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒業。2007年に『虐殺器官』で作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、その処女作はゼロ年代日本SFのベストに挙げられている。