杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第3回: 真夜中のパレード

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2014.
12.18Thu

真夜中のパレード

そもそも他人に読まれるようなものは書いていない。本にまとめたらだれでも自由に持っていけるようにして、あとは知らんって感じにしたい。商品として人前に出すとどうしても無能を意識させられる。金というのは絶対的な基準であり、優劣をまざまざと見せつけられるからだ。価値がない事実は知っているけれど、わざわざ意識したくない。売りさえしなければ、だれがどれだけ持って行ったかわからないようにしてさえおけば、読まれようが読まれまいが気にならない。

執筆や出版もまた社会スキルを競う場だ。SNSで媚を売りまくり、無料キャンペーンでランキングの露出を高めればいい。と同時にリアルの会合にも抜け目なく顔を出し、名刺を配りまくり媚と顔を売る。商売という土俵に本を出すならばそうすべきだとわかってはいるけれど、やりたくないし能力もない。他人と能力を較べられる行為は向いてないのだ。己の無価値は痛いほど知っている。すぐばれる嘘もつきたくない。むしろ商売ならずともどんな土俵にも立ちたくない。SNSもしかり。社会スキルがはかられる場なんてまっぴらごめんだ。

どれだけのことができるのか自分に証明するために書いている。他人との比較や社会における価値の話ではない。自分がどれだけマシになれるか、何ひとつまっとうにやれない人間にどれだけのことがやれるのか、ただ知りたいだけなのだ。さまざまな場所で何度も説明してきたのだけれど伝わったためしがない。自己満足や承認欲求の話にすり替えられてしまう。健常者には理解できないのだ。ただ普通に生きてさえいれば、なんでもまっとうにやれてしまうから。そうした輝かしいひとたちが視界に入ってくるのはつらい。社会スキルのなさが自己肯定感を低下させ、書く元気を奪うのであれば他人と関わらないことだ。読まれようが読まれまいが知ったことではない。そんなことは副次的な結果でしかない。まずはいいものを書くことだ。

まわりを気にせず書いていきたい。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告