杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第2回: 本は「安かろう悪かろう」をめざすのか

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2014.
04.22Tue

本は「安かろう悪かろう」をめざすのか

海外ではKDPからベストセラーが出ているそうだ。よく読まれている一方で質にかんする疑念もあるという。「だろうなぁ」と思った。アマチュア作品には校正より校閲が必要かもしれない。校閲ってなると内容に手を入れられるので、不信感がある著者は多いと思うし、その気持は正当なものだ。ほんとうに内容を理解したひとでなければ、本をだめにしてしまうから。しかし往々にして著者(おもにアマチュアの)は自分が書いたものが見えていないもので、よしあしの判断が真逆だったりする。

そういう意味で第三者の視点は必要なのだけれど……これはほんとにむずかしい。著者以上に校閲者が有能でなければならないから。それだけの実力者がどれだけいるのかって話になる。アマチュアを相手にする業者なら、やはりそれなりだったりしそうだし。

それともうひとつ思うのは、読者は案外、質なんて気にしてないんじゃないかってこと。電子書籍なら素人の本は99円くらいで、安かろう悪かろうが前提の値段だから、ひどい本がベストセラーになってもおかしくない。

質のちがいがわかるためには、読者にもそれなりの資質が要求される。安価な気晴らしや暇つぶしに、そこまでの厳密さを求めるだろうか。こちらは仕事や勉強をしたいわけじゃない。作品のよしあしがわからないからといって責められまい。科学や法律や医学の知識がないからといって、地下鉄でスマホをいじる権利くらいはあるだろう。

しかし読者としてはそうであっても、書き手としてはそれでいいのか。おれは、だめだと思う。なぜだめなのかは自分でもわからない。読者がわかろうがわかるまいが、プロだろうがアマチュアだろうが、ちゃんとしたものを書かなきゃいけないと信じる。やれるかどうかは別にして。

KDP日本語版がはじまった当初、校正・校閲の話題がはやったことがあった。ものすごく違和感があった。というのは、「てにをは」レベルの話に終始して、それが作品の価値を決めるかのような説教が流行していたから。それも大事だけど、それ以前に考えるべきことがあるんじゃないか。

建物でいえば外装とか内装とかばかり気にして、そうした上っ面にばかりケチをつけ、かんじんの土台や構造にはまるで目もくれないみたいなものだ。結果、その建物は冷暖房の効率が異様に悪かったり、強度が不足して倒壊してしまったりする。そういうことはだれも気に留めないかに思えた。まぁ99円ならそんなもんだろうとも思えるし、じっさい英語圏での「セルフパブリッシングのベストセラー」の実体ってそんなものじゃないかって気がするんだけど、なんか得体の知れない不安がある。

セルフパブリッシングは表紙をそれっぽくして、読者をだまして買わせようとする。擬態だ。そして奇妙なことに出版社にもひどい表紙や、タダ同然の投げ売り価格で、セルフパブリッシングに擬態する動きが見られる。たぶんコスト削減とか、そこまでしなければ売れないとか、いろいろあるんだろうけど。

両者はたがいに接近しつつある。両者はいずれ完全にまじわるだろう。その日が訪れたとき、われわれが読むことのできる本(の質)はどのようなものだろうか。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告