編集日記

連載第91回: 伝える

書いた人: ヘリマル, タグ:
2017.
11.07Tue

伝える

不自由な英語で何度も問い合わせると高齢者判定されるらしい。CreateSpaceの担当者がシニアサポートを名乗るようになった。むこうの主張ではLook Inside! が右綴じに対応していないから書影も裏表紙になるのだという。Look Inside! を無効にすれば正しい書影が表示されるそうだ。Look Inside! の説明としては正しいが、書影の説明としてはまちがっている。『悪魔とドライヴ』では正しい書影が表示されているからだ。修正依頼のタイミングがたまたま適していたのか、たまたま有能な担当者に当たったのかはわからない。

CreateSpaceとAmazonは系列とはいえ別会社でシステムも異なる。Amazonの商品ページは更新のたびにCreateSpace側へ商品情報を読み込みに行く。更新のタイミングはいくつかある。たとえばLook Inside! が適用されるときなどだ。Amazon側からCreateSpaceへ情報を取りに行く場合、参照される情報はつねに変わらない。そのためせっかくCreateSpace側から修正した情報を送信しても、Amazon側で更新がかかるたびに元々の情報が読み込まれ、初期化される。

不具合が生じるたびにgoogle翻訳を使って問い合わせた。惚け老人扱いされたのも無理はない。彼らはすでに修正した情報をAmazon側へ出稿しており、その先で起きることは把握していないからだ。本来であればAmazon側、おそらく著者セントラル側で対応すべき案件なのだけれども、日本の著者セントラルはCreateSpace側の問題だと言い張る。確かにそれはそれで理屈が通っている。商品情報の管轄は配信業者側だからだ。なので認知症扱いされながらもCreateSpaceに問い合わせるよりほかない。

修正後の書影に塗り足しが含まれる不具合もあったのだが、スクショつきで何度説明しても版下の仕様を説明されるだけだった。商品ページの話をしているのに表紙PDFの納品フォーマットに文句をつけているかのように取り違えられたのだ。おそらくその件が惚け老人扱いされた原因だろう。日本語でも説明がむずかしい差違なのにgoogle翻訳の英語で伝わるわけがない。六年以上も学校で教わったのに英語ができないこちらが悪い。この不具合については諦めた。

本がAmazon.comに反映されたので注文したのが二週間前。以前は数ヶ月かかるような表示があっても実際には二週間ほどで届いた。今回はやはり表示通りに三ヶ月かかるのか……と思っていたら数日後には届く旨の通知がきた。やはり配信直後のお届け日は二週間強、とみていいようだ。最終的には一週間かからずに届くようになるはず。前回が確かそうだった。ある程度の売れ行き(著者が自分で購入する程度の部数でも)が見込めれば、数冊分が在庫ありとして表示され、短期間で届くようだ。


ヘリマル

ゆかいな犬