杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第81回: 気分を上げる

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2017.
10.12Thu

気分を上げる

気分が上がるものだけを選ぶのが正解だとわかった。上がらないものは全力で避ける。『Pの刺激』ペイパーバック版の出来に不満があった。そんなものが書店に並んでいることを思うだけで気が滅入る。そもそも出版からして楽しめなかった。悩んだが絶版にしてCreateSpaceで出し直すことにした。前回は丸ひと月かかった作業がたった一日で完了し、現在は評価待ちだ。『ガラスの泡』を併録し、なおかつ取り分を上乗せしても1300円程度に抑えられた。某社のPODサービスでは取り分ゼロで1728円。CreateSpaceは無料で手軽で何度でもやりなおせるし、何より使っていて楽しい。気分が上がる。某サービスがいかに自分に向かなかったか実感できた。無駄金もかなり突っ込んだし、精神的にも疲労させられた。日記をふりかえってみても急にテンションやモチベーションが失速したのがわかる。

あのサービスでは出版に必要な最低限の作業をするために、何をするにもサポートに頭を下げてイレギュラー対応をお願いしなければならなかった。些細な作業もいちいち代行してもらわねばならず、迷惑をかけることに負い目を感じた。やりたい修正を思ったようにやれず、残念な結果に終わった。有料の表紙作成支援と称するものはオンラインの無料サービスでやれるような単なるPDF変換だった。自前のISBNを使うだけで二千円をとられた上に、苦情をいわなければそのサービスの銘柄で出版社表記がされるところだった。商品ページに日本語が使えることだけが取り柄なのに、それすらままならないのでは話にならない。Amazon PODのシステムなどさまざまな制約があるのはわかる。しかし「思ったように出版する」というニーズが満たされなかったのも事実。そういうサービスではないということだろう。

『悪魔とドライヴ』のときはAmazon以外でも売ることを考えていて、むりやりJANコードを載せたりしたけれど、どのみちそんな面倒なことは実行しないことがわかったので、今回はISBNだけを表紙に記載することにした。失敗から学ぶことは多い。CreateSpaceとAmazon PODの違いも学習できたし、それなりに得るものはあった。何より表紙の歪みに気づけたのがよかった。正確にいえば歪んでいるのは知っていたが、四六版のペイパーバックを実際に手にするまで気にしていなかった。実物は画面で見るよりも絵の下手さが際立つ。今回の再出版でようやく人前に出せる本がつくれそうだ。『悪魔とドライヴ』も二度ペイパーバック版をつくっている。何事も最初からうまくはやれない。可能であれば年内に『KISSの法則』もペイパーバックにしたいと考えている。

だれにも期待されずに書き、編集し、出版している。地道な作業で得るものは少ないが、自分にとってよいことだと信じている。吉野寿さん(イースタンユース)のインタビュー記事を読んで、人格OverDriveがやっていることと似ていると感じた。何もないところから音楽をつくり、演奏を録音して編集し、プレスし、受注して梱包し出荷する。公演や巡業を企画する。そうしたすべてをアーティストが責任を負って主体的に行う。音楽の世界ではすでにそれが当然になりつつある(あるいは本来がそのようなものだった)。出版もまたこれからは同様だろう。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告