杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第66回: 本を刷る

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2017.
08.22Tue

本を刷る

インプレスのオンデマンド印刷サービスNextPublishingを利用すべく準備している。自分で取得したISBNを利用するのに五千円かかるという。CreateSpaceでは発番すら無料なので驚いた。インプレス所有のISBNを使う場合も同額のようなので外部サービスであるためにかかる手数料が五千円ということのようだ(自前のISBNを利用しても出版社名に自分の屋号は使えない。このサービスを利用した時点でその旨の事前説明はなかった)。あるいは先行する類似サービスに価格帯を揃えたのかもしれない。PDFで提供されているガイドを読むかぎり仕様に共通点は多いが、表紙・背表紙・裏表紙を別々にアップロードするなど相違点もある。技術的に同じ仕組みを使いながらも外部サービスゆえの手数が生じるということなのだろう。KDPの表紙画像を転用できる5×8インチの代わりに四六判が使えるなど日本の出版事情に合わせた違いもあるようだ。

いくつかのサービスを比較検討している。出版ごっこを気楽に愉しめるのはBCCKSだ。さまざまな楽しみ方があるし料金も安い。オンデマンドながら販売価格もそこそこに抑えることができる。ただし折の関係でページ数が自由にならない。うまくやらなければ白紙ページができる。それにBCCKSという汎用性のないストアでしか売れない。どうせ趣味なのだからそれでいいのかもしれない。少なくとも日本語は使える。ISBNを使えるのかどうかはわからない。おそらく公式な機能としては使えないと思う。表紙と奥付に印刷して紹介文に記載すれば使える、という程度ではないか。初期は文字が左右にガタガタにぶれていて整列していなかったが、現在はとても美しい印刷だと聞いている。初心者向けだが割り切ってうまく使えば満足度は高い。BCCKSと同価格帯でオンデマンド印刷と販売に特化したサービスに製本直送がある。自分のサイトやブログに販売ボタンを貼れるらしい。ブランド価値がありサイトを持っている著者なら適しているかもしれない。これは実際には試していない。

CreateSpaceは価格も最安値だし自由度も高い。原稿用紙300枚程度の中編なら千円以下の売値でAmazonに出せる。販売をはじめて数ヶ月たつと値下げされ、その価格になる。取り分は変わらない。円相場とも関係がないようで理由はわからない。BCCKSと違ってページ数を自由に決められる。作成ツールはBCCKSほどゴージャスではないが必要充分で、行き届いており、英語がわからなくても直感的に操作できる。むしろ簡素な分だけBCCKSよりも制約がない。公式のツールや資料も含めて情報が豊富で、ぐぐれば大抵の問題は解決する。ただし致命的なことに商品画像が背表紙になる。かけあえば一時的に正しく表示されるがすぐに裏表紙に戻る。おまけに紹介文に日本語が使えない。日米AmazonとCreateSpaceのサポートにさんざん掛け合ったがどうにもならなかった。自分専用の記念品として本をつくるのには最適かもしれない。激安製本サービスといったところだ。Amazonでありながら「売る」ことを切り棄てる決意が要る。

上記のサービスと較べるとNextPublishingはどういう層を対象として想定しているのか首を傾げたくなる。非常に使いにくく、わかりづらく、ツールも資料もほとんどない。その割に一般向けのような説明文に出くわしたりする。利用者が少ないのでウェブの情報にも期待できない。料金も安いとはいえず、著者の取り分をゼロにしたところで非現実的な販売価格にしかならない。「専門的な作業をセルフでやる分だけ割安になる自費出版」という感じだ。AmazonはKDP PrintもCreateSpaceも日本で展開するつもりはないようだ。客寄せコンテストに協賛していることからもNextPublishingがほぼ公式扱いであるのがわかる。Amazonで売るのを重視すればほかに選択肢はない。日本の外部企業という条件を考えれば価格も使い勝手もやむをえない。営利であるからには当然オプションで稼ぐ余地も必要だろう。さまざまな不満はあるが顧客対応には誠実さを感じた。支払い手段をイレギュラー対応してくれた上にかなり丁寧に調べて説明してくれた。日本のウェブサービスでここまでやってくれるところは少ない。顧客対応がこれなら納得できるし信頼に値する。二千円追加して表紙もやってもらおうかとさえ考えた。背表紙・裏表紙の自由を手放すことになるが塗り足しのわずらわしさからは解放される。それともフルセットのadobeを導入すべきか。いずれにせよ最終的には印刷版のみを売り場に出すつもりだ。

追記:諸般の事情からNextPublishing版は絶版とし、CreateSpaceで出し直した。さまざまなサービスを利用したがやはりもっとも優れている。今後オンデマンド版を試す方にはCreateSpaceをお薦めする。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告