杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第53回: 移る

書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2017.
06.20Tue

移る

誕生日の翌日桜桃忌にサーバを移転しました42年間でやったことのうちでいちばん気に入っています小説はうまくなれなかったけれどもこのサイトだけは進歩がありましたやはり mixhost に移転してよかったキャッシュを使わなくても高速だしLiteSpeed なる推奨プラグインを使えばさらに高速になりますW3 Total Cache には長いこと世話になりましたが消去が反映されるまで非常に待たされましたLiteSpeed は一瞬ですプラグインではなくサーバの性能がいいからかもしれません必要な作業がすべてわかりやすく説明されていてSSL の導入もあっけないほど簡単でしたはじめて WP を導入したとき参照した情報がよくなかったのでおかしなディレクトリにインストールしてしまったのですがそれも追加料金なしで直してもらえました不具合いっさいなし何よりサポートが懇切丁寧なのに感動しました五千円以下で移転作業をすべて代行してもらえた上にしつこい質問に快く何度でも即答してくれましたここまで親切なサポートは日本では珍しいと思います逆に悪い例ならいくらでも挙げられますこれまで使っていた某社などどのサービスでも厭がらせで問合せを撃退する方針があからさまでした肝心のサービス品質もいくら安かろう悪かろうでもせめてもう少しどうにかならないのかと驚き呆れるばかりでしたmixhost はまだ歴史が浅く利用者が少ないので高速なのかもしれませんがもし仮にそうだとしてもサポート品質がこれほど高ければ文句はありません大ファンになりました

手篤い代行サービスのおかげで移転そのものはうまくいきましたが旧サーバの劣悪な品質をごまかす対策の撤廃やはじめての SSL 導入などによる影響はありましたたとえば PageSpeed Insights の数値は一桁に落ちました得点を上げるためのプラグインやブラウザキャッシュをやめたからですJS の圧縮はヒーローヘッダのカルーセルが動かなくなりますしブラウザキャッシュは CSS の更新が反映されなくなりますCSS と HTML の minify だけ試しましたが得点は変わりませんでしたretina で美しく見えるように巨大な画像を多用したのが響いていますこれもどうにもなりません体感速度が良好なので余計なことはしないことにしましたSSL 化の影響としては一部の記事でサイト証明書がどうとかで識別情報がどうとかという警告が出ました原因は URL を記述することで自動的に埋め込まれるブログカードでしたWordPress 標準の埋め込みカードは使わないほうがいいかもしれませんまた今回はネームサーバの変更にも戸惑わされました実際には反映されていてiPhone からは新サーバにつながるのに mac からは旧サーバになりますそれも Chrome からだと一度は正しくつながりログインしようとすると旧サーバに転送されるというわけのわからない状況でしたmac の DNS キャッシュを消去したら正常に接続できましたHTTP Strict Transport Security なるものを htaccess に設定しhstspreload.appspot.com なるサイトで登録をして無事に完了

アイキャッチと要約文を自動的に反映させるためにAll in One SEO の代替として OGP を手動で設定しましたそのため固定ページがすべて同じように表示されるようになりました本の紹介がうまく表示できないので改善したいです共有ボタンは悩んだあげく設置しましたソーシャルの文脈に寄りかかって成立するものは自分には向きません文章は単独で完結させたいのですサブテクストはなるべく外部に置きたいのでコメント欄は設置しませんでも掲示板くらいならあってもいいかもしれないと考えていますこれまで試したプラグインはどれもしっくりきませんでしたBuddyPress の標準機能はグループもスレッドも余計bbpress はスレッドが余計トピックだけで充分ですある程度だれでも書き込めるのが望ましいとはいえ通りすがりの書き棄てごめんにしてしまうと悪意の掃きだめになりますレーベルの会議室として実現するなら承認メンバーだけで使えればよいのですが感想を書き込む場所にするのであればうーんFacebook ログインかなぁtwitter のほうがカジュアルですがセキュリティ的に苦い経験があります今回は採用を見送りました移転を完了しネームサーバの変更も浸透したところで遠ざかっていた読書に戻りました

すべての見えない光をようやく読み終えました緻密な構造で見えにくくなってはいますが一種のお宝争奪戦ものとも考えられます思いのほかベタなエンタメ要素が盛り込まれていて病に冒された悪役とか妙に既視感がある感じ情景を積み重ねた塔のような語り口がいかにも短編作家の長編だなと思いましたエピローグは余計じゃないでしょうか対戦ゲームや twitter もまた利用者によっては見えない光だからですわれわれが小説を読み書く理由は手紙を瓶に詰めて海に流すようなもので見知らぬだれかに届くかもしれないし届かないかもしれないそういう営みにひとは生かされるのだという話でしたであればそれはひとによっては対戦ゲームであるかもしれない何もあんなふうに浅薄なやり方でこき下ろさなくてもいいだろうせっかくいい小説だったのに最後の最後でちょっと興ざめだな⋯⋯と思いました作品全体としては傑作で長く想い出に残る一冊になりそうです他人と関わるのをやめたおかげで今年は悪くない誕生日を過ごせました


(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告