孤独の座標

連載第1回: 混沌——いつだって準備はできていない

Avatar photo書いた人: K.G.ザムザ
2022.
04.22Fri

混沌——いつだって準備はできていない

初めに無があったあるいは何もなかったのかもしれない

私には分からないなぜなら私は眠りの底にいたからだ

 眠りの底から浮上する途上で私は時空感覚が消滅した混沌のなかに放り出される今はいつか私は誰でここはどこか自分を世界のなかに位置づける指標が失われて私はパニックする目を開けば周囲の情景がかってに網膜にうつりこみ解像度が次第に上がっていくのだが映し出されるイメージの意味に届きそうで届かない意味という名の地面を求めて意識は空を切るしかしほとんどの場合混沌状態はすぐに消えて私は世界に引き戻される時空感覚は失われたことなど一度もなかったかのようにそこに戻っている——私はザムザここは私の部屋今日は月曜仕事だやだなーと現実が押し寄せてくる

 無意識から覚醒にいたる道すじは生れ落ちてから人間としての世界認識を獲得するまでの成長過程をハイスピードで再生しているかのようだあるいは地球誕生前夜の原始スープprimordial soupを再体験しているのかもしれない世界が未分化で意味が形をなす前の混沌を

 人は眠りから目覚めるとき自分が誰なのかを思い出すことによって自分という存在を認識しているのではないか目覚めるたびに自らの記憶をたどりなおすことによってとして新しく生まれなおしているのではないかそんな思いにとらわれる

 もちろん毎回自分の記憶をすべてたどりなおすことは不可能だしかしどのようなメカニズムによってかは分からないけれど記憶は私がほかの誰でもない私であることを保証してくれるもし今急に記憶がなくなったら私は軌道を外れた小型宇宙船のように天地のない広大な宇宙をさまよい続けるしかないだろう

 しかしほかの誰でもない私とはいったい誰なのだろう

 時どきそのような疑問に囚われて思考のスパイラルを滑り落ちる答えを求めて情報の細糸をつなぎ合わせようとするが努力は虚しく空回りしてこんがらがった糸の山が残るだけだ

 自分が何者なのかをすべて思い出さなくてはならないとしたら気が狂ってしまうだろうむしろすべてを思い出さなくていいから自分でい続けることができるのかもしれないあるいは無条件に過去とのつながりを信じていられるから自分であることに自信を持てるのだろうか

 私が自分が誰だか分からないと不安に囚われるのは自分の過去とのつながりを感じられないからだ昔のことを思い出すことはできてもそれはどこか遠い世界の出来事で自分のこととは感じられないその結果今ここにいる自分自身の存在も稀薄に感じるかつては血の通った色のある世界に生きていたしかし今は現実感のない透明な世界にいる実際友達の少ないひとり者が占拠できる世界というのはそういうものなのかもしれないこの傾向はコロナ禍で家にこもり切りの時間が増えてからますます顕著になった時どきたまらなく不安になり人としゃべりたくなることもあるけれど何も感じないことも多くそのことに我ながら驚くそれがいいことなのかはよく分からないけれど

 今私は東京都内で専門職として働きひとり暮らしをしている東京都の半分以上を占める 365 万の単独世帯の一つだ

 現在の暮らしは小さい頃の自分が想像していたものとはまるで違う大学を卒業したばかりの頃に想像したものとも違う大学を卒業したときはまだ周囲の同級生や同期の新入社員と同じ道を歩いていた自分のために準備された明るい未来に向かっていると実感できたそこには右肩上がりの設計図があり私は世界に受け入れられていた

 だが私はその道にとどまり続けることができなかった準備された輝かしい道を踏み外しダークサイドへと転落したのだその結果現在私は 40 を過ぎて一人で生き専門職として法律事務所で働いているこれは私の将来のビジョンのどこにも含まれていなかった生活だダークサイドへの転落というのは企業を辞めたあとの私の文字通りの心象風景だ昔の関係からも遠ざかった光の世界の人々とは会えないという気持ちが強かったからだ

 今の私には帰れる関係がどこにもない橋を一つひとつ焼き落としながら進んできたからかつての自分を葬ることによって生きてきたから

 時どき自分が過去も未来もない空間を漂っているような気持になるそれは非常に不安で孤独な感覚だまるで広大な宇宙に浮かぶ小型宇宙船のようにしかしそれがひとりで生きるために支払わなければいけない代償なのだろう

 ひとつだけ確かなことは今東京都には 365 万の単独世帯があるということだその中には学生もいれば高齢者もいるしかし大半は私のように働いて生計を立てているひとり身の男女だろう自由であり孤独でもある私たちの歩む道はまだ定まっていない

 大学を卒業して優良企業に就職し年齢とともに出世するという職業上のビジョンと結婚して家庭を持ち子どもを育てマイホームを購入するというプライベートなビジョンを両輪とする定型的な人生の青写真が有効性を失ったとき青写真自体を持てなくなったとき人は何を目的に生きていけばよいのだろう昨日と今日の見分けがつかない終わりのない現在のなかで私は目指すべき目標を持てずに宙を漂う

 確固とした生活の形がみえないことは不安を伴う目の前に私を必要とする他人がいないなかで自分の存在を意味づけることは難しいとはいえほかの生き方は考えられないのだから自分が与えられた条件のなかで自分の存在の意味を見出すしかないこの混沌とした世界の中で自分を位置づけるためにはどうすればよいのかその答えを探して私はさまよう

 何か書いてみないかと誘われたときすぐに返事をすることができなかった書きたいと思う一方でまだ準備ができていないと逡巡する気持ちがあったからだ人前に出せる文章が書けるという自信がなかったできることならもっとたくさんの本を読みたくさんの文章を書きたくさんの経験をして十分に準備のできた自分でありたかったでもそんな自分にいつなれるのかは分からないし一生なれない可能性もあるそもそも生まれてきたときだって準備できていたわけではなかっただとしたら今書き始めるしかないのではないかそう思って書くことを決めた自分の持っているものを出し切るつもりで書いていくので是非おつきあいくださいよろしくお願いします

 隔週の連載なので次回は 2 週間後の金曜日の予定です


専門職(法律)ときどき文筆家。合法的な宇宙人。
ぼっち広告