イシュマエル・ノヴォーク

第44話: テキサス州エルパソ ~天使のホンキートンク

書いた人: イシュマエル・ノヴォーク, 投稿日時: 2021.12.31

ブルームデイがテレビのリモコンを操作した画面は真っ暗闇で三人の顔が映っていた飲み干したブルームーンの空き缶を薄緑色のゴミ箱に放り投げたブルームデイがくだらないと言いジョニーは手をヒラつかせて
そうかい? 結構面白いと思うぜ
何を言いたいのかよくわからんブラック・ジョークのつもりならセンスを疑う
 ベッドから腰を上げたブルームデイは首を鳴らして飲みに行ってくると言ったジョニーは空いたブルームーンを床に置き
おれも行くよ
 マーガレットは飲みかけのブルームーンを一気に飲み干し
私も行く
よしたほうがいいぜ
どうして?
そりゃあマギーが酒に弱いからさ
ジョニー意地悪するな三人で飲みに行くぞだがその前にやることがある
なに?
 萎れたアフロヘアーを揉んだジョニーがドライヤーだよこのまま外に出るなんてできないぜと言い深々とうなずいたブルームデイがワックスを塗ってくると言った二人は競うように洗面所に向かいマーガレットがベッドに仰向けに寝転がった弛んだ壁紙が同心円を描き蛍光灯に照らされたことで座標のように見えた

 三人がサンランド・パーク・ドライブを歩いているとジョニーはレストランの看板を指差したブルームデイはセットされたばかりの輝くダックテイルを揺らして
メシが食いたいのか?
店の名前を見てみなよ
 目を細めたマーガレットがツインピークスって書いてあると言ったジョニーは拵えたばかりの鳥の巣のようなアフロヘアーを振り
きっと風変りなものがあるぜチェリー・ドーナッツとかスーツ姿のカイル・マクラクランがコーヒー片手に宇宙人を追っているんだ
風変りだって? 消えたカート・コバーンのショットガンを探しにエルパソで立ち往生しているおれたち以上に風変りなことがあると思うか?とブルームデイマーガレットはブルームデイの言葉を無視してツインピークスってなに?
ドラマだよテレビで観ていたんだ宇宙人とか悪魔みたいなヘンテコな連中がわんさか出て来る田舎町の話
面白そうねでも宇宙人や悪魔が田舎町と関係があるの?
ジョニーはサングラスの縁を撫で
関係はどうだろうな? でも意味とか理屈とかは抜きにしたほうが楽しめるぜ
 マーガレトが両手を腰にやりそれで食事にする?と言うとジョニーは手をヒラつかせて
いいや飲みに行こう折角エルパソにいるんだしなと言って口笛でローリングストーンズのホンキー・トンク・ウィメンのメロディを吹いた
三人は橋を渡り高架下を走るウェスト・パイサーノ・ドライブから見上げた彼らはドロシーとブリキの木こり臆病なライオンのように見えたことだろう

 ノースウェスト・エルパソにあるホンキートンクを見つけると三人は夜行性の昆虫たちが赤外線に吸い寄せられるように入って行った壁がなく開放的と呼ぶにはあまりにも開放的なホンキートンクではまばらな客たちが大声でお喋りしているステージの上では近所迷惑や騒音被害といったものを気にしないバンドたちがジミー・ロジャーズのブレーキ係のブルースを演奏していた三人がテーブル席に座るとウェイトレスが物珍しそうな顔でブルームデイを見て
ここに長く勤めているけれどエルヴィスが来たのは今夜が初めてよと言ったブルームデイはダックテイルを撫で
おれも初めてだと言ってドレスシャツの襟に指で触れたアルコールが回った客たちはブルームデイに近付いてくるなりエルヴィスと繰り返したウェイトレスは窘めるような調子で
お客さんなんだから失礼な真似はしないでねそれで注文は何にする?と言うと近付いて来たチェック柄シャツの男がエルヴィスは酒を飲まねぇピーナッツバターとバナナとベーコンのサンドウィッチしか食わねぇんだと言ったブルームデイがパイロット・サングラスの縁を撫でるとジョニーが
スティーヴ喧嘩するなよと言ったブルームデイは両手を大袈裟にヒラつかせ深々と息を吐き
「〈キングは酒を飲まなかったがおれは飲む文句あるか?
文句はねぇが気に入らねぇわかるだろ?
 ブルームデイはヌーディスーツの袖に触れ気に入らせてやると言って立ち上がったマーガレットがブルームデイの袖を掴み
留置場で一晩明かすのはもう嫌と言うとテーブルを指で叩いたジョニーが
好きにすればいいと思うぜでもここじゃあキングの流儀でやるのが一番だな
 ブルームデイは口角を釣り上げていいアイディアだと言った

 ブルームデイがステージに上がるとバンドたちは手を止めたブルームデイはマイクを握り客席に向かって言う
スティーヴ・ブルームデイだ一曲歌わせてもらう曲はハートブレイク・ホテル……キーはGにしよう
 ブルームデイが歌い出すとピアノとギターがブレイクしウッドベースはモダンジャズのようにゆったりとウォーキングを開始したブルームデイはささやくように歌い次第に足でステップを踏む気だるげなピアノが上降と下降を繰り返しピアノとギターがブレイクする二分ほどの演奏が終わると客たちは眼前に顕現したエルヴィス・プレスリーに息を呑みしばらくしてから拍手をした
もう一曲やってくれよ!
 先ほどまでブルームデイにからんでいたチェック柄シャツの男が指笛を吹いてこれで終わりじゃもったいないぜ!と叫んだブルームデイはパイロット・サングラスの縁を撫で
OKそれじゃあもう一曲だけ次はゆっくりしたものにしよう踊りたい奴は踊るといい曲はラブ・ミー・テンダー……キーはさっきと同じだ
 ポケットに手を突っ込んだまま歌うブルームデイはエド・サリバン・ショー出演時のエルヴィス・プレスリーのように僅かに身体を動かすダックテイルとモミアゲが光り輝いていたジョニーはマーガレットの手を引いて立ち上がると踊ろうぜ
ソウル・トレインみたいに?
ジョニーはマーガレットの腰に手を回してスティーヴの流儀に従うよと言った黄色いブルース・リー風全身タイツ姿のアフロヘアーと後ろに髑髏が描かれたレザージャケットを着た真っ赤な髪がゆっくりと踊りはじめるそれまでテーブルに突っ伏したまま眠っていた誰かが連れて来た少女たちが目を覚ます少女たちは背中に半透明のプラスチックの天使の羽のおもちゃを輪ゴムで固定している少女たちが歩く度羽をバタつかせているように見えた少女たちはマーガレットとジョニーのまわりを祝福するように歩き回る
さっきあなたが言ったことを覚えている? たしかに風変りこうなることは予想していた?
何でもお見通しってわけじゃないぜたまたまさ
 二人はステージの上で歌うブルームデイを見るとブルームデイは顔を上下させた
スティーヴ本当にエルヴィスみたいねとマーガレットが言うとジョニーが
OKに同意最高だなと答えた

ドニファン・ドライブの雑貨屋で食料を買い込んだ三人は茶色い紙袋を抱えたまま裏手にまわり半分ほど空いたシャッターをくぐった黒く輝くリンカーン・コンチネンタルを見たジョニーが口笛を吹くと暗がりの中からオーバーオール姿の老人が顔を出し部品もオイルも新しくしてやったぞと言って油まみれの手を出したマーガレットが封筒を渡すと老人はすぐに開封して彼らの目の前で金を数えはじめた片目を釣り上げた老人が
間違いない前よりもうんとよく走るぞ
グレゴリー恩に着るよ
 老人は首を傾げ鼻をピクつかせるとワシは名乗っていないお前さんもと言ったジョニーは白い歯を見せジョニー・オーロラ順番は逆になったけどよろしくなと言って褐色の手を差し出した老人は機械油がべったりと付着した手をジーンズで拭い
グレゴリー・スタントンだと言ってジョニーの手を握った

 運転席に座ったジョニーは大袈裟に深呼吸するとエンジンキーを捻ったアラブ馬のように力強いエンジン音が車庫に響きジョニーが笑みを浮かべたジョニーはシャッターの下に立っているスタントンに向かっていい感じだぜと言うとスタントンが皺の寄った目尻に手を伸ばして
当たり前だ
 ジョニーは親指を突き立てスタントンはさっさと行けと言わんばかりの態度で手をヒラつかせたジョニーはアクセルを踏み神妙な面持ちのマーガレットが
本当にマイアミに行くの?
ショットガンを見つけなきゃなでもネヴァー・マインドさ
 首を鳴らしたブルームデイが大きな欠伸をした


『ロクス・ソルス』という同人小説サークルで活動しています。それから、ジャズピアノの演奏活動をしています。気が向くと絵を描いたりします。

連載目次


  1. 一九七一年 パリ、ホテル・アンリ四世
  2. 二〇〇三年 アーカンソン州リトルロック
  3. リトルロック空港
  4. アーカンソン州リトルロック
  5. カリフォルニア州ロサンゼルス
  6. カリフォルニア州サンタモニカ
  7. カリフォルニア州ビバリーヒルズ
  8. アリゾナ州エルコ
  9. 一九七〇年カリフォルニア州ロサンゼルス / ミスター・ジョンソン。死んだよ
  10. 私たちは何者か?
  11. テキサス州ダラス
  12. アーカンソン州リトルロック
  13. カリフォルニア州ロサンゼルス
  14. カリフォルニア州ブエナパーク
  15. アーカンソン州リトルロック
  16. サタデー・ナイト・サタナイトショー
  17. 黒いブラックサバス
  18. カリフォルニア州スキッドロウ
  19. ブリテン・ボード・システム
  20. カリフォルニア州インペリアル郡 ~ジャック・トレモンド
  21. カリフォルニア州インペリアル郡 ~スティーヴ・ブルームデイ
  22. 裸の街
  23. 明敏で過敏なパーセプション (一九六六年 アップビート誌 九月号より)
  24. カリフォルニア州サンディエゴ ~ドーピーズ
  25. ピンクパープルの力学
  26. カリフォルニア州サクラメント
  27. 一九七〇年 コロラド州プエブロ
  28. ハート・オブ・グラス
  29. 屈折した知覚
  30. ミズーリ州セントルイス
  31. 離見の見
  32. 審理前会議
  33. オーディション
  34. 予備審問
  35. ハイエナたち
  36. デイライト
  37. アリゾナ州フェニックス
  38. 立証を終えて
  39. ブリテン・ボード・システムⅡ
  40. テキサス州エルパソ
  41. チップの用意はいいかい? ~TAKEⅠ
  42. チップの用意はいいかい? ~TAKEⅡ
  43. チップの用意はいいかい? ~TAKEⅢ
  44. テキサス州エルパソ ~天使のホンキートンク
  45. はかりごと
  46. 煙が目にしみる
  47. フロリダ州マイアミ
  48. モルフォゲンの輝き
  49. 暗号美学
  50. フロリダ州タイタスビル
ぼっち広告