イシュマエル・ノヴォーク

第14話: カリフォルニア州ブエナパーク

書いた人: イシュマエル・ノヴォーク, 投稿日時: 2021.10.01

ナイトクラブエクスチェンジズでは大音量の明解なビートが流れている高い天井から吊り下がる鳥籠のような鉄柵の中ではレザー・コルセット姿のほとんど裸に近い恰好をした若い女たちが挑発的に踊っているニューオーリンズ版謝肉祭マンディグラで使用された巨大な悪魔のハリボテに緑や青の光線が当たり客たちは陶酔の雄叫びを上げる黒服の用心棒とバーテンダーの目を盗んだ若者がガラス・パイプでコカインを吸引した
 ガラス張りのVIPルームの白いソファには全身をヴェルサーチに包んだ男が大股開きで座っている男の前髪生え際は植毛手術を終えたばかりなのか特撮テレビ番組サンダーバードの登場人物のようにはっきりしている男はグラスに注がれたカルヴァドスを舐めるように飲みリモコンを操作すると瞬く間にガラスが乳白色に曇った
それで何の用だ?
 男の前に立つ女性向けの香水をふりかけフェンディのネクタイを結んだ伊達男エリック・コッパードが口を開く
仕事の話をしたいんだ
 男は首筋を撫で喉を鳴らしたコッパードが男を見るダークブルーのシャツには金糸の刺繍指輪の宝石はすべて本物だろうが男のいかがわしさの前ではガラス玉のように見える
大きな仕事をしていたはずだたしか……死んだ歌手の裁判
よく知っているね嬉しいよ
 男は青い瞳をぱちくりさせお前を喜ばせようとしているわけじゃないおれは新聞を読むゴシップ誌……宇宙人がひそかに政府と連絡し合っているとかそんなことを大真面目に載せるようなものまで読んでいて馬鹿馬鹿しいと思うがおれは読むっていうことが好きなんだだから書いている内容は気にしない頭に残したくて読むわけじゃない忘れるためだわかるか?
コッパードはブロンドの前髪を撫でなんとなくね
それで人気者が何の用だ? 言っておくがおれは弁護士が必要になるようなトラブルを抱えていない
未成年の女の子と寝た件は?
それは終わった
弁護士はジョー?
そうおれの弁護士ジョー・デルソン世の中金額以上の働きをする奴は少ないがあいつは腕がいい
ぼく奥さんのグウィネズとたまに会うんだけどジョーとは会ったことがないんだ
会わないほうが身のためだろうなおれが思うにパン一個で腹が膨れる奴がいれば何個食っても食い足りない奴がいるそうお前みたいな奴だ
 コッパードは頭を掻き君は?
おれはパイプカットしている
パイプカットと不倫は別だよ
 男は首を傾げカルヴァドスを一口飲んだ
おれに説教する気か?
 慌てたコッパードが手を振りそんな気はないんだでも嫌な気持ちにさせたことは謝るよ
 男は喉を鳴らすとグラスをソファの上に置いた
いい加減本題に入れおれのアソコ事情を聞きに来たわけじゃないんだろう?
ありがとうロック歌手の件は手を引くんだジェフリー・ウァースが相手じゃあ分が悪い
ジェフリー・ウァース……たしか女房を撃ち殺したフットボール選手を弁護した奴だったな? 何年か前のゴシップじゃあもちきりだった発行部数も跳ね上がっただろういっそ株式を買っておくべきだった
 コッパードが頭を上下に振ると香水の匂いが漂い男は怪訝な顔をしたコッパードが言う
あれを無罪にするなんてねぼくには考えられないよ
それで逃げるというわけか裏切りとか汚いとか無責任とかそんな言葉がピッタリだ
非難は聞くよ
責めているわけじゃないそういうやり方もある土がつくとわかっているのにそのまま走るのは馬鹿だだからこそ映画なりテレビドラマなり小説にはそういうものが溢れているんだ利他的……あぁいい言葉だ観客のお涙頂戴その観客とやらは自分の命や名誉なんてものを一度も他人のために使ったことがないのにな
命は一度しか使えないからね
 男は手を叩き不自然な髪が揺れた
命の使い道はよく考えるべきだそれで弁護士
 手をヒラつかせたコッパードが
ビジネスをはじめようと思うそのためにトラウトマン君の力を借りたいんだ
 腕を折り曲げたトラウトマンが内容は?

 話を終えたコッパードは小さく息を吐くとトラウトマンはソファの隅にあるブザーを押した数分すると網タイツにボンテージ姿の若い女たちが入って来たトラウトマンはカルヴァドスを一口飲み
前祝だ楽しめ人間生きているうちしか楽しめないんだからなと言った


『ロクス・ソルス』という同人小説サークルで活動しています。それから、ジャズピアノの演奏活動をしています。気が向くと絵を描いたりします。
ぼっち広告