イシュマエル・ノヴォーク

第12話: アーカンソン州リトルロック

書いた人: イシュマエル・ノヴォーク, 投稿日時: 2021.09.24

リトルロックのアパートに帰るなりマーガレットはシャワーも浴びずにソファに寝転がった考えるべきことはあったがとめどなく溢れてくるので静まり返った居間で無為な哲学的ですらある時間を過ごした台所では水気を失った観葉植物が干からびている観葉植物は命の綱を失ったことで干からびたのかそれともそれ以前から患っていた病が進行したことで萎れたのか? 答えはないなぜなら死人と同じように観葉植物に口はないのだから合衆国世俗経典草の葉を記したウォルト・ホイットマンならばこのように記しただろう

おれはリトルロックで一本のサンスベリアを見た孤高のうちに干からび褐色に染まる腕を垂らす

― 静寂 ―

 風が窓を揺らす階上の住人が腹立たし気に歩くバスタブを満たすためにパイプの中を通過する水流階下の住人はクイズ番組誰が億万長者になるのか?を大音量で観ながら携帯電話で話をしている。 (不正行為かも知れないマーガレットの大腸をガスが移動しゴロゴロと音を立てる

 アパートの廊下をどかどか歩く音力を監視し糾弾する力はあらゆる場所を大型肉食恐竜のように堂々と歩くことが許されている

 呼び鈴が鳴りソファから起き上がったマーガレットは髪の毛を掻きながらドアを開けた彼女に向けられたカメラマイクロフォン小型録音機旅人をバリバリ食う粗暴な一つ目巨人のようなレンズに呆けた顔が映り込んだ


『ロクス・ソルス』という同人小説サークルで活動しています。それから、ジャズピアノの演奏活動をしています。気が向くと絵を描いたりします。
ぼっち広告