諸屋 超子

豚はいつ飛ぶ?

第12話

諸屋 超子書いた人: 諸屋 超子, 投稿日時: 2021.01.01

 吉田事変とでも呼ぶべきこの出来事をようやく話す気になったのは傷が癒えてきた証拠かもしれないもしくはこうも言えるかもしれないそれを事変だ事件だと扱うような僕そのものを僕自身が受け入れつつあるのだ
 話す相手が君だってこともまあ関係しているよね僕は僕の見解を馬鹿にするような狭量なタイプには話す気にはなれないレベルが低いっていうかわかるだろう?
 人は人を見下せる時にしか正直に話せないんだよこういう僕の見解を軽蔑する人もいるだろうけれど僕は偽善者には理解を求めないことにしている理解者が少ないことは恥ずかしいことじゃない
 吉田さんがその夜したたか酔って蛸屋の前で吐いたことも僕に四人分の会計を払わせたことも飲んでいる間ずっと話していた愚痴山脇氏が先輩風を吹かせること吉田さんを持ち物みたいに扱うこといつも客の女に手を出すこと金を一切払わないことどれもこれもが愚かしくそのすべてがその卑しさ故に僕の純粋性を際立たせるようなものばかりだった
 そうなると僕は軽蔑を通り越して憐れみを感じてしまった吉田さんにも山脇にもきらりんふわふわショーコちゃんにも大袈裟に言うなら汚れた人間のすべてに控えめに言ってもおしゃれなサロンに棲息する魑魅魍魎のすべてに
 しかし事変後も丸山くんの興奮は続いた早く吉田さんへ連絡しろとあれから一ヶ月くらいは言い続けていたしその後三ヶ月くらいは思い出しては言っていたよ
あの電話番号もったいないじゃん
 そうだよ僕は丸山君に話さなかったんだ吉田事変について何も
 丸山君はある春の夜暗い顔をして僕の部屋に来た僕はどうせまた職場の亜美ちゃんの話だと思った丸山君は髪型を変えてから二回目以降はバーバー山本でMignonのアフターケアを頼んでいた。 「毎回あんな高級サロンに行ってたら女の子をデートに誘う余裕がなくなるかららしいたびたび職場の亜美ちゃんをデートに誘ったきっかけは亜美ちゃんがある朝会社の玄関前で缶コーヒーをくれたことらしい
苦いの苦手なんで
 照れ笑いしながら黒い缶を差し出した彼女に丸山君は確信したのだ。 「亜美ちゃんは僕に気がある
 丸山君は自身の愛読書本当にモテる会話術50、 『女の子のキモチ丸わかり大全を僕の部屋に持ち込んでは連日亜美ちゃんがいかに自分に興味を持っているかあの缶コーヒーを渡すことがいかに勇気の必要だったことかこの会話に隠された裏の意味このメールに隠された乙女心と繰り返し繰り返し力説していた
 僕はなんだか不安になったけれどそんな風に感じるのは自分が恋愛に苦手意識があるせいだと思ったし丸山君にもそう言われたし前向きで自信に満ちた男でいれば女は勝手についてくると丸山君の本に書いてあったし吉田さんも偉そうな山脇氏に結局はベタ惚れだったようだしで口を出すのはやめておいた 
 あれが良くなかったんだと今ならわかる
 大体恋愛について偉そうに語り出すヤツなんて信用できないよ人は大抵叶わないことばかり語りたがる分からないからこそ理論武装する 
 丸山君の恋心は燃え上がった亜美ちゃんの休憩に合わせて休憩を取ったりわざわざ親の車で出勤してそれだけは僕は異論を唱えた就業中の駐車場代は丸山君の時給一時間半分に値する亜美ちゃんを送って帰ったり何度断られてもめげずに休日のデートに誘った
 亜美ちゃんは思わせぶりにも丸山君にCDを貸したりこの曲おすすめなんでこの車のオーディオに録音していいですか?休憩中に何度もお菓子をくれたり営業の若松さんがいつもくれるんです全部食べてたらわたし豚になっちゃう一度なんて会社帰りにショッピングに行ったりしたんだ飼ってる猫の砂が今日特売なんですホームセンターに付き合ってもらえません?
 とにかく丸山君は繰り返した
脈ありだ
 しかしある春の夜僕の部屋に来て行ったんだ
ストーカーってファーストネームはブラムだった?
 吸血鬼に襲われたみたいな青い顔で僕の部屋に来た丸山君の不気味なおしゃれヘアを僕は一生忘れないだろう
 燃え殻になってまで恋に身をやつした丸山君関係のない職場のおばちゃんに八つ当たりまがいの説教をされるリスクをものともせずにオフィスラブに突き進んだ丸山君彼を僕は尊敬している
 僕は気が弱いからあんな風にはなりたくないけどね
 


長崎市にある本のセレクトショップ『Book with Sofa Butterfly Effect』店主。読書について、本について、文学について。好きなことは「しゃべって、読んで、無駄な時間を過ごすこと」。本を通じて人と人が交わる場所をつくりたい。月2~4回、本を読んでいなくても参加できる読書愛好会を開催。編集室水平線ウェブサイトにて連作『コロナinストーリーズ』連載中。
butterfly-effect