イシュマエル・ノヴォーク

ペリフェラル・ボディーズ

第9話: 歯科狂騒曲

書いた人: イシュマエル・ノヴォーク, 投稿日時: 2020.12.19

 ラジオ放送局、 『スーパーカリフォルニアエクステンドシドヴィシャスにやってきたラジオDJジョニー・オーロラの異様さにイースタン・ジェイコブスは目を丸くした
 アフロヘアーにトンボのように大きなサングラスブルース・リー風黄色の全身タイツ腰から下がるヌンチャクジョニーの恰好は十分過ぎるほど異様だがこの日は群を抜いていたジョニーの顔片側の頬は不自然なほど膨れ上がりトーベ・ヤンソンが描いた妖精のような顔になっていたジェイコブスがどうしたんだ?
 ジョニーは頬を擦りながら
歯医者に行ってきたんだよ
とんだ薮医者だったみたいだな
ティフアナの医者の悪口は言わないでくれよ何を聞かれてもシィはい)、 シィはい)。 おれは奥歯をほじくり返されてヒィヒィ
 ジェイコブスが笑顔を浮かべる。 「ジョークのキレは悪くない
 平手で自身の額を叩いたジョニーがたんと笑ってくれそうでないと生きたコウモリを食っちまいそうなんだ
オジーは最高だ
OKに同意麻酔が切れたんだ酷い痛みさ喋っていないと痛みでどうにかなっちまいそうだ
 腕を組んだジェイコブスが知り合いは事故で片手を吹き飛ばされちまったが自分で車を運転して病院に行った案外大丈夫らしい
救急車に七〇〇ドル支払える奴は少ないぜどうせ金を払うのなら真っ白のリムジンで来て欲しいもんだ高い酒を飲んで車載電話で国際電話を使おう。 〈アローフィデルコモエスタス?っていう具合でさ
カストロは電話に出たりしないさ
電話口でおれたちは世界を歌うんだイースコーラスをやってくれるかい?
その調子で喋り倒してくれ

 ブースに入ったジョニーは椅子に浅く腰掛けたジェイコブスが指でカウントするジョニーがアフロヘアーを揉んでいるとコインが跳ね回る音印象的な七拍子のベースラインが聴こえてくるジョニーがマイクに近付くとタイミングを合わせたジェイコブスがリヴァーブのつまみを上げる

サタデー・ナイト・サタナイト・ショー

よぉみんな元気にしていたかい? 仕事が終わって溜息交じりに一杯やりながら聴いている奴これから夜勤で車の中でうんざりしながらカーラジオを聴いている奴も調子はどうだい? おれはっていうと今日はティフアナまで出掛けてきたヤバい取引をしたかって? 違う違う話はこうだ水曜日に歯痛で目を覚ました歯が痛くて起きるなんてお笑い種さでもその時の衝撃っていったら小便しようとしたらヘドロみたいなものが出た時以来のものさ
 ガラス張りのブースの外コンソールの前に置かれた肘掛け椅子に腰掛けるジェイコブスが手を叩きながら笑う
OKに同意最初は自分でなんとかしようとしたドアに紐をかけたり釘を逆さに打って歯を吹き飛ばそうとしたりとはいえトンカチを自分の顔に向かって振るのは勇気がいるしドアの紐をかけても誰がドアを閉めるんだ? 木曜日金曜日土曜日……眠れない日が続いたよ麻酔がわりに酒を飲んでも痛みが血管の中を駆け回るだけとうとう意を決したおれはティフアナまで行った結果はご覧の有様そういうわけで今日はちょっとばかり感傷的な気分なんだたとえばどうして税金を払っているアメリカよりメキシコのほうが医療費が安いとかどうしておれの金には羽が生えているのかとかおれはフィンランドの妖精みたいな顔をしてる狙撃手のほうじゃないぜ? 青白いカバみたいな奴だ国境を越えようとしたら酷い渋滞だったよ多分おれと同じように金がない奴らで車の中で痛みにうずくまりながら悪態をついていたんだろう馬鹿げているってなそう馬鹿げているでもほんのちょっぴり笑えるものがある一曲目はピンクフロイドのマネーを流させてもらったよ歌い出しの通り金を持ったらさっさとズラかれ真理だなとはいえ大抵の場合は金を持たずにズラかるか金だけがズラかる金と一緒に行けるなんて夢のまた夢感傷的になったところで次の曲を流させてもらうよ曲はソフト・マシーンの』」

 ウッドベースのロイ・バビントンと鍵盤奏者マイク・ラトリッジのワウ・ペダル九分一五秒程度の四本目の歯ジョニーは首をアフロヘアーを左右に揺さぶる麻酔が切れたことで痺れるような痛みを振り払うためかあるいはただ単にそうしたかっただけなのか

 曲が終わるとジョニーは汗ばんだこめかみを掻きさぁ一旦CMだ


『ロクス・ソルス』という同人小説サークルで活動しています。それから、ジャズピアノの演奏活動をしています。気が向くと絵を描いたりします。
amazon