杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第296回: 責任を負う権利を買う金がない

書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2020.
11.24Tue

責任を負う権利を買う金がない

人権侵害やそれに加担する表現の上に芸術は成り立つかとの問いには明確に否と答えるそれはリベンジポルノと大差ないそんなつもりがあろうがなかろうが侵害された側には知ったこっちゃないなにしろ三十年も前の話なのでうろおぼえだが、 『石に泳ぐ魚の著者はたしか喜んでもらえると思った云々と発言していたはずだ彼女の作品は朝日に連載された一作しか読んでいないからなんともいえないしわたしたちの地方での現在の活動には共感するところ大だけれどくだんの作品については十代だった当時親しい友人の気持すら推し量れない時点で芸術として失敗じゃないかと考えた文学としてそもそもの最低限のところでまちがっていると感じたのだDV 作家井上ひさしの編集者は井上の妻に、 「作品のために殴られてくださいと笑顔で要求したそうだけれどそのようにして書かれた作品に価値があるとは思えないし最低のくそ野郎である事実までは変えられなくともわたしはせめて井上やその編集者のような人間にだけはなりたくないデヴィッド・フォスター・ウォレスは DV 加害者でストーカーだったしチャールズ・ミンガスはスーズ・ロトロの回想録によれば女性共演者に対して客の面前で公然とひどい仕打ちをしていたらしいおそらくは芸術の名目で結果として残された作品の価値は疑いようもないがしかしだからといって彼らの暴力は正当化されるのかそしてこれから書かれ演奏される作品はどうなのか天才がその芸術の成長にとって必然の過程としてそれを世に出すことに責任を負う立場にとって看過しがたいものを書いてきたとき編集者はどうふるまうべきなのかペドフィリアであり性犯罪者であるウディ・アレンの伝記に対して版元の社員はストライキを行い出版を取りやめさせたそのことに対して PEN アメリカやスティーヴン・キングは言論統制につながりかねないと危惧したどちらの立場も理解できるしどちらが正しいのかわからない一方わが国では社会病質の殺人犯がみずからを正当化する言葉を公共の電波がなんのためらいもなく垂れ流して世に広め大出版社が出版して全国の書店が取次に要求されるまま平積みにしだれもが好奇の態度でこぞって買い求めてベストセラーに祭り上げ被害者遺族に平然と二次加害をしつづける反面そうした暴力に抗う言葉はまずもって電波に乗らず出版もされないこのような状況がおかしいということだけは断言できるしだからわざわざ epub や POD や WordPress や Mastdon を用いD.I.Y. でサミズダートするのだがかといってわたしがくそ加害者でないということにはならない自分の言葉なら負わねばならぬ責任を負える真似事とはいえ編集者のようにふるまう以上わたしには寄稿者の言葉にも読者に対して責任があることによると著者自身以上にその責任にどう向き合うかと考えるとこれは可能性の話で実際にいまどうこうというものではないのだが無償で寄稿していただく厚かましさが足枷となるこれだけもらっているからいいやと思えるほどの金を支払っていれば口を出す権利も生じるが現状はそして今後も決してそうではないそもそもが寄稿者にとって割に合わない労働でいわゆるやりがい搾取の上に成立している作家のブランディングに寄与するような金以外の見返りが提供できているならまだしもそれさえまったくできていないその状況でもしもわたしの人権意識に相容れない作品が寄せられたらどうするか意見は言うどう感じたかどんな気持にさせられたかは伝えるそのように感じたのがなぜであるか信じるところについて説明する読者としてひとりの人間としてそのくらいの権利はあると考えるからだたとえば女性に優しくしているなる男性のものいいは往々にして傲慢なまなざしであり奴隷を丁寧に扱っていると自慢するようなアンクル・トム的な媚へつらいを強要するような上から目線の厚かましい態度にほかならないと伝えるなんなら継続していいつづけるしかしそれ以上は踏み込みようがない議論の生じる余地さえないぽかんとされたりへぇそんなふうに思うひともいるんですねと不思議そうな顔をされたりするだけだもちろん原稿を断ることもできるそれはそれで運営者としてのわたしの権利だしかし断ればその作家の成長を阻害することになる向き合うべきものに気づくのも作家には必要な才能でその機会を奪う権利などわたしにはないそもそもがあんたそんなに偉いのという話でもある天才に差し出口をきく権利などわたしにはないあるなどと思い上がればそれは幼稚な暴力であり支配欲でしかなくなる結局のところわたしはわたしの言葉と向き合う以外の何もすべきではないのかもしれないあるいは出版さえも


(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告