杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第271回: 日曜の道化師

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2020.
08.27Thu

日曜の道化師

われわれがコンテンツビジネスだと思わされているものは実際には権利ビジネスでコンテンツだと思わされているものはサービスだ現代において本や映画や音楽は権利者が認めるあいだだけ利用できるサービスでしかないうへさんの傑作が公開されたのにいつもほどには読まれないと思ったら公式発表はないもののアルゴリズムが調整され(いちいち公表するわけがない)twitterジャパンに益しないかぎり外部への導線が抑制されるようになった……というか体感できる水準までその調整が強められたらしい(諸屋さんはFacebookからの流入が多いけれどうへさんはtwitterからが主だった)デマの類だとする火消し記事をいくつか読んだがいずれもユーザが体感した変化への説明にはなっておらず論点をずらしている印象を受けた商売の場から客を逃がさぬため外部への誘導を禁ずるのはAmazonも楽天もやっていることではあるけれどtwitterジャパンの場合言論統制の意図がより強く感じられる「トレンド」に表示される投稿は人力によってキュレーションされておりその内容は政治的な偏りを隠さない「虐待されるクルド人」の表示頻度を抑制して「ブルーインパルスに感動するひとびと」を優先的に表示させるといったようにいまのtwitterはフォロワーの投稿すべてをタイムラインに表示することはしないわれわれが目にするのはアルゴリズムで取捨選択された結果だ人力の修正がまにあわずにアルゴリズムが拾ってしまったのか調整の話題は今朝はトレンドにあがっていたがいまはもう表示されない検索をかけても大本営発表を素直に信じ込むような従順なひとびとばかりが表示される退会したので外部からはわからないがおそらくタイムライン上でも不都合な発言はフィルタリングされ表示されにくくなっているだろう彼らにとって都合のいい投稿ばかりが優先的に表示されるはずだいまに始まったことではない彼らの見せたいものだけを見せられていること運営会社が政府とつながりの深い大手広告代理店と資本関係にあることを多くの日本人ユーザが気にしないのは「汎用性」の制約から逃れられないからだだれもいない土地よりも国家の圧政のもとで群れて暮らしたいのだ虹色リボンMAXに寄せる女たちのようにとはいえ一時的にではあってもその話題をわたしが目にできたということは表示が抑制されているだけで水面下の不満はそれなりに高まっているのかもしれないAmazonにしても彼らの売りたいコンテンツばかりが優先的に表示され本好きの需要は埋もれさせられている数少ない現代のミリオンヒット・アルバムはふだん音楽を聴かない中高年に大手代理店がマスメディアで番組タイアップやCMなど三十年前のような販促をひたすらやって物理メディアを買わせることで成立したそうだ本にせよ音楽にせよふだん本なんか読まない層音楽に関心のない層に売り込まねばならない愛好者だけを相手にしていては市場が小さすぎて商売が成り立たないからだ芸術に関心のない客に売りやすい商品が選ばれるのもアルゴリズムをそのような売り方に最適化するのもメセナではなく商売なのだから当然だ結果としてそれ以外すなわち芸術なり言葉の自由なりを求めるユーザは疎外され淘汰されるアルゴリズムが人間性に寄り添うのではなく人間の側がアルゴリズムを学習し自らをそこに最適化することを強いられている権力が個人を規定すると考える多くの日本人には都合のよいことだその流れに抗うためにD.I.Y.のサミズダートをやっている帽子に合わせて頭を削いだりベッドに合わせて両脚を切断したりするような真似はもうやめようわれわれは主体性を自分らしくあるための自由を取り戻さねばならないそのために書きたい本を出したいという仲間を求めている本の網』の選書傾向や掲載作品に共感したら問合せフォームから連絡ください連載を経てKindleやペイパーバックで単行本(Amazon楽天Hontoで販売されるISBNとJANコードのついたプリントオンデマンド書籍)化する手助けをします原稿料が出ない代わりに印税からマージンをとることもない寄稿者用Mastodonサーバも開設したので中央集権の資本主義サービスに縛られずに書きたい方はぜひ登録なりリモートフォローなりを現状はわたしが独り言を垂れ流すだけの場でしかないし今後もそうありつづけるだろうけれど

オール・トゥモロウズ・パーティーズ
杜昌彦のアカウント


(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告