イシュマエル・ノヴォーク

コイディシュ・ブッフ

第5話: バップ・カバラ

イシュマエル・ノヴォーク書いた人: イシュマエル・ノヴォーク, 投稿日時: 2020.07.03

 サウス・ブロンクス地区の骨折アパートと呼ばれる前世紀に建てられたアパートの一室でイツホク・フェルドマンは苦虫を噛み潰したような顔で紙巻煙草を吸っているやがて煙草を吸い終えたフェルドマンは鞄に譜面を放り込みアルトサックスを肩から下げて部屋を出た

 フェルドマンがアルトサックスに目覚めたのは今から一〇年ほど前の一九四八年のこときっかけは学業をサボりハーレム地区のクラブ、 〈ミントンズ・プレイハウスで観たチャーリー・パーカーフレーズは矢のように速く正確無比フェルドマンはチャーリー・パーカーの演奏をモーセ五書と同種に感じた
 次の朝質屋のドヴィドが眠たい目を擦っていると血走った目のフェルドマンはくすねた金でアルトサックスを買った帰りの道すがらフェルドマンはチャーリー・パーカーが吹き込んだレコードを一枚買い家で流し続けたマウスピースに息を吹き込みボタンがどの音と対応しているかすら知らないフェルドマンだったがひたすら息を吹き込んで音を出していく日々が続いたやがてフェルドマンの演奏がチャーリー・パーカーと同じものになったナット・ヘントフのように耳の肥えた聴取者にはそれはコピーでしかなかったがそれでもフェルドマンは満足だった
 フェルドマンがアルトサックス片手にハーレム地区のクラブに出入りするようになったのは一九五〇年初めてジャム・セッションで吹いた曲はチャーリー・パーカーのナウズ・ザ・タイム  
 主な旋律はFとCあるいはDから構成されそれはB♭Bへと拡散そして青みがかったフレーズに収束されるフェルドマンは自信タップリにパーカーと寸分違わぬプレイをしたおそらくパーカーがサヴォイで吹き込んだものだ今ではリーダーとしてバンドを率いるマイルス・デイビスが甲高い声で笑っていた声を潰す前のレコーディング
 ステージを下りたフェルドマンはすっかり泡が消えたビールを飲み干すと満足気に息を吐いた共演したベーシストトミー・ポッターそっくりの男が言う
ここは初めてか?
あぁそれが?
演奏は悪くないそれだけだもし次にステージでバードの真似しかしなかったら尻を蹴っ飛ばしてやる覚えておけよ? 白いの

 今日の仕事場に到着したフェルドマンはアルトサックスを慣れた手つきでケースからとり出したすぐに他のメンバーたちが到着して準備をはじめるソフトケースからウッドベースをとり出したトビー・マカロックが譜面は?と言うとフェルドマンが萎れた譜面をマカロックとドラマーのヘンリー・ハモンドに渡したハモンドはドラムセットではなく鈴のないタンバリンを叩くことが不満らしく、 「こんなのおれの仕事じゃないと言ったフェルドマンがなら別の仕事を探せよと言うとハモンドは舌打ちしたフェルドマンが
それでいい今日はおめでたい日だからな

 四本の柱簡素な天蓋を家族や友人たちが支えているアブラハムとセラ夫婦が客を招き入れたことの象徴であるフッパフッパの中では花婿が祈りの言葉を唱えている花嫁と花嫁の母がやってきて二人はフッパの周りを創世記になぞらえ七周回る新しい世界が愛と理解から創造されるとラビがワインを注ぎ神に感謝を捧げる花婿から花嫁に指輪が渡され二人は一つのグラスでワインを飲み干す花婿がグラスを地面に落とし右足で踏み潰す
マズルトフの言葉を合図にフェルドマンがマウスピースに息を吹き込んだアルトサックスは角笛であり城壁は崩れ去るなだれ込むフレーズは宿営の中戦いの音エイン・ソフバードから伝授された秘法一〇の球と二二の小径ジェリー・ボックが作曲したサンライズ・サンセットは即興的にハーモニーが複雑化されドミナントⅦは執拗にⅡⅤに変化させられる

 自由際限ない自由

 仕事を終えたフェルドマンは金をマカロックとハモンドきっちり三等分した二人とも上機嫌な顔で金を受け取った

 フェルドマンは通りに停めていた青いセダンに乗り込むと助手席に座る大学で人類学を専攻している南仏出身のシャルロット・フォンテーヌの首筋に吸い付いたフォンテーヌが
どうだった?
いつも通りだ君は?
来月ブラジルに行くことになった
ブラジルで何をするんだ?
ジャングルにナンビクワラ族っていう先住民が住んでいるの彼らの刺青と氏族を調査するの論文を書かなくちゃ秋には戻ると思う
 フェルドマンは曖昧にうなずき頭の中でアイ・ガット・リズムのコード進行を高速で再生しながら前方を見つめる

 街灯の上で羽を休めていた鳥が飛び立った


『ロクス・ソルス』という同人小説サークルで活動しています。それから、ジャズピアノの演奏活動をしています。気が向くと絵を描いたりします。
amazon