妄想中年日記

連載第212回: 何の感慨もない

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2019.
10.08Tue

何の感慨もない

先日ついに脱稿したのだがなんの感慨もなかった。少し長くなるかと思ったがほぼ予定通り640枚ほどに収まった。中途半端な分量だ。Facebookの過去投稿によれば四年前の同じ日に『悪魔とドライヴ』を書きはじめていた。あれよりはましなものが書けたような気もするがあれは大勢に見てもらってから出版したので多少は一般向けにできた。今回は校正に金を投じるつもりでいた。少なくとも二十万かかる。書いているあいだはそれだけの価値があると信じていた。書き上がってみればそんなわけはない、おかしな夢から覚めたような心地がする。Facebookには「長いあいだご愛読ありがとうございました」と書いたが実際に最後まで読んでくれたのはHALさんただひとりだ。出版しても読むのはおれくらいだろう。おれでさえ読まないかもしれない、半年のあいだずっと取り組んできてさすがにうんざりした。校正をどうするかはあとで考えるにして(たぶん誤字だらけのまま出版すると思う)表紙画像の作成に取りかかった。できれば他人に頼みたいがその相手もいないし金もない。とりあえずロゴ作成と下書きをやった。発想は悪くないがデッサンが狂っていてイライラする。どうにもならないのでこれもこのまま完成させるつもりだ。そもそも絵など描けない上に発達障害のおれはペンタブが苦手だ。iPadの購入も検討したがいまのおれには贅沢品だ。あきらめた。だれも読まないどころか見知らぬ他人から馬鹿にされるだけの本になぜこれほどまでに労力をかけるのか。書いているあいだは何も考えずに突っ走れるが書き終えると鬱に襲われる。装画にしても見るからに下手くそだ。嗤われるためにやっているようなものだ。とにかくさっさと片づけて忘れたい。年内は本を読んで感想を書いて次の小説のためにプロットを構築しなければならない。やることは多いがやったところでどれひとつ何の意味も成さない。世の中には愛されるために生まれてくる子もいれば憎まれたり嗤われたりするために生まれてくる阿呆もいる。不幸にして後者に属するがそうではあっても残りの人生を有意義に使わねばならない。愉しむのだ。下の画像は描きかけ。何をやろうとしているか見ていただければおわかりいただけるかと思う。明日はペンを入れる。髪の毛をがんばる予定だ。

かきかけ


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
amazon