杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第207回: 進捗

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2019.
08.22Thu

進捗

530枚書いた残すところあと十話原稿用紙にして百枚いちおう予定どおりの進捗だ第三幕の手前から何度も書きなおしている第42話は著作権の問題をクリアするために苦労を強いられたし第43話に書くべき挿話を早まって第36話に書いてしまったせいでふたつを足して二で割るような作業を強いられたりしたおかげでそれらは最初の投稿時点と現在とで大幅に変わっており読んでいただいた方を混乱させる結果となったでもまぁいいんだどうせ自分のほかにはひとりしか読んでいない九月末には書き上がる予定で十月後半には四分冊にした電子版を毎週一冊ずつ刊行するつもりでいる値付けは 99円で三日ずつ無料キャンペーンをやるこういう粗悪で醜い売り方は嫌いなのだがストアでは粗悪で醜いほうがコンバージョンするので試してみる価値はあるその後十五万ほど支払って校正した統合版をまず印刷版として刊行する380円の電子版は一週間後だ何度も書いてきたことだけれどもアルファベット最初の文字からはじまる偉大なるモール様の電子書籍ストアの客層は極めて偏っていて小説を読むだけの最低限の能力を持ち合わせないお客様が不自然に多いアニメとゲームが好きな幼児性愛のおじさんばかりだそこからはずれたお客様のためにはストアはつくられていないアニメもゲームも悪くないが価値観のすべてがそこにあっては小説は不当に扱われる幼児性愛者に代表されるようなストアの文脈で裁かれないためにはその手の輩と関わりにならぬがよいtwitter の利用もほかのアマチュアと関わるのも百害あって一利なし小説を読む能力のないお客様の変なレビューがつくだけだアニメにもゲームにも虐待にも嗜好がなくただ小説が好きなだけの読者に向けて書いているおれはストアに適性がないペドフィリアになってまで金を稼ごうとは思わないので別にそれで構わないがいちおう本好きに見出される導線は用意しておきたいそのため人格OverDrive では本の網を設置している読んだ本の感想とおれの視点に基づいた関連本がそこに表示される似たような読書傾向のひとが関心のある本を検索して訪れそこから関連本に出逢ったりするのが理想だアニメとゲームと性的虐待にしか関心のないお客様には理解できまいが本は人づてならぬ本づてに読まれるものだ一冊の本が書かれるに至った影響関係をたどったり似たような読書傾向のひとが次に何を読むのか知りたくなったりそういうひとが書いているものがどんなものか知りたくなったりそういうのが読書なのだそのようにして読まれるための工夫を人格OverDrive には盛り込んであるのだけれど残念ながら検索経由で訪れるお客様を自著に誘導するところまでは現状あまりできていないたとえば人間失格 性的虐待で検索して感想文を読みに来るお客様は多いのにそこから感想文を書いた人間に関心を持ってもらったり、 『逆さの月へ誘導したりするのには現状は成功していない。 「似ている本の表示はランダムなので自著が表示されるとは限らないが興味を持って似ている本の繋がりをたどってもらえればいつかは自著にも行き着くはずなのだむろん一度でそうした出逢いが発生するはずはない長い期間の積み重ねで認知が高まるのを期待しているのだがそのためには集客力を上げなければならず集客力を上げるには読んだ本について検索するといつも人格OverDrive がヒットしてこのひとは自分とおなじ本をいつも先に読んでいるいったいどんな人物だろうと関心を持ってもらえるくらいに記事を増やさねばならずそのためには当然読書量を増やさねばならないが残念ながら小説を書いていると読む方は致命的におろそかになる出版で喰っているわけではないので自分しか買わなくとも問題はないがいずれはどうにかしていきたいその前にまずぼっちの帝国を完成させねば死後に神の前に立ったとき胸を張っておれはこれをやったといえるだけのものを書きたい


(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告