妄想中年日記

連載第196回: 独立出版とカセットテープ文化

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2019.
04.29Mon

独立出版とカセットテープ文化

独立出版(インディ出版)を実践する上でDIYミュージックやカセットテープ文化が参考になりそうだと考えている。調べるうちにR. Stevie MooreがMartin Newellのカバーをしていると知った。あるいはMartinの再評価を演出する企画であったのかもしれない。この二名にしてもDaniel Johnstonにしても似たようなことを何十年もずっとやってきて、The Velvet UndergroundやThe StoogesがDavid Bowieによって再評価されたように、商業的成功によってではなく影響を受けた若い世代による再評価によって世に知られるようになった。部屋に閉じ籠もって地道に演奏し録音しダビングして、自作の絵をつけて通販で売り、多くのひとびとに影響を与えたわけだ。どうして同じことが出版でやれないのか。なぜDTPはそれを実現できなかったのか。カセットテープで可能だったからには流通は問題にならない。製本手段が存在しなかったのとカセットテープより高くつくのが理由だろう。アルファベット最初の文字からはじまる大手モールのシステムがとりあえずは製本と流通の問題を解決した(詳細は過去記事を読んでほしい)。しかし大手モールに依存するのは何かと制約が多い。できれば自室で印刷して製本してWordPressで受注し決済してもらって郵便局に持ち込んで発送したい。それが可能な範囲で書いて読んでもらいたい。海外文学の読者は国内に三千人だといわれる。そのせいぜい十分の一がちょうどいい数だろう。三百人なら選りすぐりの優れた読者に届けられる。そういう範囲で出版するのがいい。A4両面印刷で折をつくるアプリケーションとそれで出力した紙を製本する装置を同梱した商品はないものか。趣味で出版するひとはこれからも増えるだろうし教育機関にも需要があるだろう。しかし実在しないからには大手モールの仕組みを頼るしかない。『ぼっちの帝国』のほんの数行のギャグのために『サザエさん』を調べていてWikipediaで姉妹社の記事を読んだ。印象的な文章があった。「『サザエさん』の出版が軌道に乗ると、大手出版社から、宣伝や装丁などのノウハウのある自社に任せてもらえれば更に売り上げを伸ばせるという打診を受け、毬子は一時検討するが、どうしても出したいが他で扱ってくれない作品が将来できた時のために姉妹社での『サザエさん』の出版を続けたほうが良いのではとの考えに至った」だそうな。独立出版の元祖だ。というかそもそもが出版とはそのようにして行われるものだったのではないか。これも『ぼっちの帝国』のわずか数行のために調べていて行き着いた文章だが角川源義が角川選書のために書いた文章にはこうある。「しかし、流行を追っての刊行物は、どれも類型的で、個性がない。(略)マス・セールの呼び声で、多量に売り出される書物群のなかにあって、選ばれた時代の英知の書は、ささやかな「座」を占めることは不可能なのだろうか。(略)私はそういう書物をつぎつぎと発刊したい」要するに大手出版社だってもともとの志はそのようなものだったわけだ。大手出版社がソーシャルメディアと組んだ新人賞の広告を見ると十代向け青春アニメ風の動画がアイキャッチに使われていた。彼らはケータイ小説に見た夢をいまだに忘れられないのだ。自分が読みたい本を大手に期待するのはむずかしい時代なのかもしれない。まだまだ読みたい本は多く出版されているのでそんなことはないかもしれないが、街に出て書店にぶらりと入っても居心地の悪さにすぐ出てきてしまうことを思えば、怪しいものだ。正直あのなかに自分の本を置きたくない。アルファベット最初の文字からはじまる大手モールにしてもそうで、インターネットである以上どうしても客層に偏りが生ずる。インターネットでいまもっとも発言力のあるマジョリティは40代以上の男性だ。それも社会的に幅をきかせている偏った連中だ。そういう連中のために現代のインターネットはあり、現代の出版はインターネットによって支えられているといって過言ではないから、事実上、現代の出版はそうした客層のために機能している。あなたが女性ならそこから疎外される。あなたが子供ならそこから疎外される。あなたがなんらかのハンディキャップを持っていればそこから疎外される。あなたの読みたい本は大手モールでは見つからない。売られてはいても表示機会が制限される。でも本来、書物はそうしたひとたちのためにあるのではないか。そう考えるとこれからの出版はすべからくDIYカセットテープ文化や姉妹社のようなやり方をめざすべきだと思える。しかし出版には金がかかる。『ぼっちの帝国』では十年ぶりにようやく小説の書き方を思い出した。まともな本にしたい。数年前に調べたところによると鴎来堂に校正を頼むと最安値で一文字0.6円かかるという。いまの生活ではひと月分の手取りの給料に相当する。十年も書けなかったのはテキストファイルを分割するのが面倒になったからだと判明した。一括置換で表記のブレなどを直したり、原稿を印刷したりするのに章ごとに分割したファイルでは不便だった。それですべてをひとつのファイルに書くようになった。一望できる文章量を知らず知らずのうちに書くようで、ひとつのファイルにひとつの物語を収めるにはどうしても中編が限界になる。今回は諦めて十年前のやり方に戻した。プロットも当時と同じくあらかじめ用意した。そのために付箋を使った。十年前は紙の付箋だったが今回はMacのアプリケーションを利用した。この原始的なやり方が功を奏して感覚を取り戻した。『ぼっちの帝国』はほかにもいろいろと試している。Facebookで本好きにターゲットを絞って広告を出した。毎日二十数名が訪れてそのうちひとりかふたりは数話分を読んでくれる。文章のまずい回があってそこから先は読まれなかった。文章を直したら読まれるようになった。そういうことがわかるのもおもしろい。気に入ったら広めてくれたらいいのだがすでに述べたように小説そのものがインターネットとは相性が悪い。相性がいいのはマジョリティ向けのコンテンツだ。こちらのほうでもそんな連中に気に入られたいとは思わない。客層は大事だ。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国