妄想中年日記

連載第154回: 人格OverDriveが選ぶ2018年下半期Best20

書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2018.
12.27Thu

人格OverDriveが選ぶ2018年下半期Best20

ほんとうは小説のベスト20をやるべきなのだろうけれど年間30冊ちょっとしか読んでいないので企画が成立しないんですよ。読むのも書くのももっと速ければなぁ。今年7月以降にSpotifyで聴いた音楽をまとめました。リリースはそれ以前のもあると思う。ほとんど備忘録みたいなもんですね。数年後に自分で読み返して懐かしく思うような。上半期と同じく1位から挙げていきます。

第1位
T. Hardy Morris “Dude, The Obscure”
今年はおっさんがブームだった。去年気に入ったAndy Shaufと同傾向。Spotifyのおすすめで知ったのだったと思う。

第2位
King Tuff “The Other”
これもSpotifyで知った。変な帽子をかぶった変なおっさんが印象的。

第3位
Hop Along “Bark Your Head Off, Dog”
これもSpotifyで知ったような気がする。初期のAutour De Lucieを連想した。

第4位
Bettye Lavette “Things Have Changed”
ベテランなのにイギー・ポップのラジオではじめて知った。ボブ・ディランのカバー集らしいが何度聴いてもオリジナル曲のように感じる。「他人の唄は自分の唄」という感じ。友人と入ったスタバでかかっていて妙な感じがした。

第5位
Tom Gallo “Tell Me the Ghost”
チャド・ブレイクがプロデュースしたらしい。ベッドルームでアコギ一本で録ったとは思えない。

第6位
Puma Blue “Blood Loss”
若いのに渋い。体温が低い感じ。

第7位
Brother JT “Tornado Juice”
おっさんの生首が宙に浮くジャケットが印象的。音はTレックスっぽい。

第8位
Ty Segall “Freedom’s Goblin”
これもおっさんの生首が飛んでいる。Spotifyではなぜか雑音が入るのが残念。

第9位
Iron & Wine “Weed Garden”
最近こういう静かな音楽が好みだ。健康食品からとった名前だけあって聴くと健康になれそうな気がする。

第10位
Spiritualized “And Nothing Hurt”
ティザー広告がよかった。情報を小出しにする感じが。PVも泣けた。でも実際に聴けるまでが長かったので期待が大きすぎて「あれこんな感じ?」となったのも否めない。

このあたりまではさほど苦労なく決められた。この先の取捨選択に迷う。二年使いつづけたSpotifyが今年の後半になっていきなりサジェストの精度を上げてきたからだ。きりがないので20位までと決めたはいいが収まりきらない。女性アーティストの多くはいまの気分でないので切り棄てた。それ以外も聴き返した回数が少ないものは容赦なく除外した。

第11位
Sam Evian “You, Forever”
どういうひとなのかまったく知らないが悪くない。

第12位
Foxwarren “Foxwarren”
Andy Shaufが地元の友人とやっているバンドらしいけれど正直ソロほどではない。

第13位
The Marcus King Band “Carolina Confessions”
ジャズレーベルのニュースレターで薦められた。よい。

第14位
Jeff Tweedy “WARM”
おっさんの万歳。去年のより好きだ。

第15位
Tess Parks & Anton Newcombe “Tess Parks & Anton Newcombe”
ルー・リードとニコ、ゲンスブールとバーキン。昨年のうちからデモを聴きすぎてリリースされた頃にはちょっと飽きていたのも否めない。名盤ではある。

第16位
Manon Meurt “MMMXVIII”
チェコの伝説的シューゲイズバンド待望のフルアルバム。五年のあいだに雰囲気が変わってシューゲイザーというよりなんとなくEvanescenceみたいになった感じがする。

第17位
Haiku Garden “Where If Not Now”
スロヴェニアのシューゲイズバンド。こんなバンド名なんだし日本で人気が出てほしい。

第18位
Lucky Brown & The S.G.’s “Mesquite Suite”
何者かまったく知らない。Spotify毎年恒例の年末企画で薦められた。Booker T. & The M.G.’sの現代版みたいな。音もなんだか古いヴァイナル盤みたいで凝っている。

第19位
St. Paul & The Broken Bones
これもSpotifyの年末企画で薦められた。白人のみで構成されたアラバマ出身のソウル・ファンク・バンドだそうだ。

第20位
Charles Bradley “Black Velvet”
これもSpotify年末企画で。六十年代からつい最近までずっとJBのそっくりさん芸人をやって喰っていたそうだ。音も当時のヴァイナル風で(こういうの流行ってるのか?)、もしおれがいま高校生で、六十年代ソウルの無名の名盤を発掘したぜ、といわれて同級生に手渡されたら騙されると思う。

ええっもう20枚か……悔しいのであと五枚だけ。

第21位
Ex:Re “Ex:Re”
UKの三人組シューゲイズバンドDaughterの紅一点、Elena Tonraのソロ名義作。Daughterより好きかもしれない。Ex:Reなる名義は「元彼」と「X線」をかけた造語であるらしくて、40過ぎのおっさんが聴いたらキモいといわれそうな、童貞を威嚇する系の作風なんだろうなと思いました。

第22位
Mark Knopfler “Down The Road Wherever”
ピンチョンのファンならみんな聴いてるMark Knopfler。40過ぎのおっさんが安心して聴けます。

第23位
Rachael Yamagata “Porch Songs”
ほぼ同世代の歌手でずっと聴いてきていて、いまさら挙げる必要もないかなぁとも思ったけどやっぱり好きなので。

第24位
幾何学模様 “Masana Temples”
これまでの彼らの作品でもっとも好きかもしれない。現代の若者がヒッピーファッションをしたらそうなりそうな感じではなくてガチで当時の日本人みたいな見た目なのがなんだかすごい。海外では人気があるらしいけれど国内の知名度はどれくらいなんだろう。

第25位
Pinegrove “Skylight”
海外のゴシップ記事で知った。ほんとうのところはわからないがバンドのフロントマンが彼氏持ちのファンと複雑な関係になってしまい、悩んだそのファンが市民団体に相談したところ、売名に利用されてしまって結果だれもが傷ついた、というような事件があって活動を自粛したりいろいろあったらしい。

うう……もう30位までやっちゃっていいですか。自分で決めておきながら20位縛りは厳しかった。

第26位
Apollo Brown & Joell Ortiz “Mona Lisa”
Apollo Brownはデトロイトのビートメイカーなんだそうな。YouTubeでお薦めされて去年くらいから聴いていて新作を愉しみにしていた。期待を裏切らない名盤。Joell Ortizは「Eminem主宰Shady RecordsからRoyce Da 5’9″、Joe Budden、Kxng CrookedらとのユニットSlaughterhouseとしても名を馳せたハードコア・ラッパー」なんだそうだけれど知らないし特に関心はない。

第27位
Macy Gray “Ruby”
彼女の作品は”The Trouble With Being Myself”が(題名も含めて)大好きで、それ以降はきらいじゃないけど売れ筋R&Bに無理に寄せているように感じて今ひとつだった。今作はひさびさに好きな感じ。

第28位
Say Hi “Caterpillar Centipede”
ブルックリン出身シアトル在住の宅録バンド三年ぶりの新作。去年の二月に活動停止したけれど結局再開したらしい。

第29位
Andy Jenkins “Sweet Bunch”
これは迷った。すごくいいんだけれどいかんせん地味なんですよ。Matthew E. Whiteの友だちらしい。

第30位
Billy F Gibbons “The Big Bad Blues”
ジャズレーベルのニュースレターで知った。よく知らないけれどベテランのブルース爺らしい。こういうひげ爺で締めくくるのは悪くない。

きりがないのでさすがにこの辺でやめておく。来年もいい音楽との出逢いがありますように。

人格OverDriveが選ぶ2018年上半期Best20


杜 昌彦

(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。硬質な文体と独創的な物語で知られる。作風はアヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される。2010年から別名義で活動。2013年日本電子出版協会(JEPA )主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。