夏の終わりに

『逆さの月』はきつかった。「帰宅したら書かなければいけないから仕事があってよかった」と考えたほどだ。