妄想中年日記

連載第143回: 人格OverDriveが選ぶ2018年上半期Best20

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2018.
07.04Wed

人格OverDriveが選ぶ2018年上半期Best20

昨年の暮れに一年分をBest50でやったら記事が長くなりすぎたので今年は上半期、下半期に分けることにした。本じゃなく音楽の話です。普通は20位からはじめて最後に1位を紹介するものだろうけれどもそういう記事って1位にたどり着く前に飽きるんだよ。もったいぶらずに最初からいちばんいいやつを教えろと思う。なので1位から。

1位: Forth Wanderers “Forth Wanderers”
文句なしに1位。最高。

2位: Camp Cope “How to Socialise & Make Friends”
正統派アメリカンロックという感じなんだけど確かオーストラリアのバンド。こういう音が大好きです。

3位: Car Seat Headrest “Twin Fantasy”
あれっ新譜だっけ? と思ったら初期の自主制作盤か何かの再録らしい。よく知らないけどすごくよかった。

4位: The Limiñanas “Shadow People”
Stoogesをバックバンドに従えたSerge Gainsbourgといった感じ。超かっこい。確かAnton Newcombeがプロデュースしたとかそういうんだったと思う。

5位: Father John Misty “God’s Favorite Customer”
このひとはYouTubeでおすすめされて知った。Fleet Foxesのドラムだったひとらしい。前作もよかったけれどこっちのがもっといい。ジャケットがブレードランナーの続編に出てくる人みたい。

6位: Isolation Berlin “Vergifte dich”
確かドイツのバンドだったと思う。ジャケットもなんかいい。どことなくへんてこな癖があってそこが好き。

7位: COSBY “Milestone”
シンセポップというのかな、エレクトロというのかな。むかしはユーロといったような気がする。ドイツのバンド。紅一点のボーカルは決め顔のアー写だとふつうだけれど動画で見ると表情がすごくかわいい。

8位: The Brian Jonestown Massacre “Something Else”
言わずと知れた大御所。一年くらい前からYouTubeで成立過程をリアルタイムで見せてもらっていてリリース盤が待ちきれなかった。今年中にもう一枚出るはずなんで愉しみにしてます。

9位: Tess Parks “Right On”
EPじゃなくアルバムだったら1位。YouTubeにはもっと音源が上がってたような気がするんだけどなぁ。Anton Newcombe御大プロデュース。ルー・リードにとってのニコ、ゲンスブールにとってのバーキン。傑作。

10位: Melody’s Echo Camber “Bon Voyage”
二年前に出るはずだったアルバム。完成していたけれども深刻な交通事故にあって発売が延期されていた。注目の新人だったのに志半ばで岡崎京子みたいになっちゃうのかな……とすごく心配していた。復帰できたようでよかった。

11位: Middle Kids “Lost Friends”
正直よく知らないけれどもEPがよかったのでアルバムが出るのを愉しみにしていた。たぶんオーストラリアのバンド。よい。

12位: The Record Company “All Of This Life”
まったく知らないバンドなんだけどずっとむかしに登録した何かのニュースレターで紹介されて、Spotifyで聴いてみたらすごいよかった。ブルージーなアメリカンロック。これでいいんだよ、こういうのがいいんだよと嬉しくなる。

13位: Editors “Violence”
もう十五年もやってるんですね。わりとファンです。期待を裏切らない佳作。

14位: Rhye “Blood”
なんか変に冷たい印象の音楽で、よくわからないけれど好きです。

15位: Spiral Stairs “The Real Feel”
Pavementのギタリストなのね。Spotifyのおすすめを信じて大正解。Pavementそもそも名前しか知らない。聴いてみようかな。

16位: Natalie Prass “The Future and The Past”
Matthew E. Whiteが好きなんですよ。あの尊師みたいな見てくれの兄ちゃんね。彼のプロデュースだからと思って、そういう音を捜すつもりで聴いたら結構よかった。別にむりに好きにならなくてもいいんですけどね。

17位: Computer Magic “Danz”
キューピーのCMの頃からファン。日本でだけ有名だと本人も認めている。最近のアー写が微妙にお色気路線なのが気になる。個人的にそういうのは求めてないというか、親戚の子のそういうインスタを偶然見てしまったような気まずい気分になる。余計なお世話だよな。すみません。

18位: John Coltrane “The Lost Album”
発掘作が出ると聴いてすごく楽しみだったし、裏切られなかった。

19位: Jimi Hendrix “Both Sides of the Sky”
これも愉しみにしていた。悪いわけがない。

20位: Miles Davis & John Coltrane “The Final Tour: THe Bootleg Series, Vol. 6”
これも。ジャズは新しいのを聴くこともあるんですけどどうしても古いのばかり聴いてしまいます。

とりあえず上半期は以上です。

人格OverDriveが選ぶ2018年下半期Best20


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。アヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される独創的な作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
amazon