フィリップ・K・ディック

Philip Kindred Dick

(1928年12月16日 – 1982年3月2日)米国の作家。彼の小説は社会学的・政治的・形而上学的テーマを探究し、独占企業や独裁的政府や変性意識状態がよく登場する。薬物乱用や偏執病・統合失調症や神秘体験が『暗闇のスキャナー』や『ヴァリス』に反映されている。