パターソン

他人に読ませるためには書いていない。けれどもどうでもいいと思っているわけでもない。