この世界を逃れて
ISBN: 9784560044742

この世界を逃れて

かつて著名な報道写真家であった父、精神のバランスを失った娘――交互に語られるモノローグによって、彼らの生の断片が、ねじれた愛の物語が紡ぎだされ、“この世界”の状況が鮮烈に浮かび上がる……今、イギリスで最も注目を集める作家スウィフトが放つ、力強い傑作小説。

白水社(単行本: 1992-10)
ジャンル:
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:グレアム・スウィフト

(1949年5月4日 – )英国の作家。ロンドンで生まれ、ケンブリッジ大学とヨーク大学で学んだ。1996年にブッカー賞とジェイムズ・テイト・ブラック記念賞(フィクション部門)を受賞。

2017.
09.07Thu

この世界を逃れて

あとの二作と較べるとそんなに力強い傑作という感じではないんですけど、まぁ悪くはありませんでした。『ウォーターランド』が好きなだけで、作家としてはそれほどでもないんですけど、でも翻訳が出たら買って読みます。出版社さんお願いします。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本