信子
ISBN: 9784022648556

信子

大分から上京し大都女学校に赴任した新米教師の信子。初めての東京生活に戸惑い、学校を二分する校長と教頭の勢力争いに巻き込まれ、一筋縄ではない寮の女生徒たちに手を焼きながら、信子は持ち前の度胸と真っ直ぐさで奮闘する。爽快な女版『坊っちゃん』。

¥ 756
朝日新聞出版(文庫: 2017-08-07)
ジャンル:
※価格は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:獅子文六

(1893年7月1日 - 1969年12月13日)日本の作家、演出家。多くの作品が映像化された。1961年にNHKでテレビドラマ化された『娘と私』は、連続テレビ小説の第1作となった。1963年、日本芸術院賞受賞、1964年芸術院会員、1969年文化勲章受章、同時に文化功労者となる。

2017.
08.31Thu

信子

いやーおもしろかった! 獅子文六は女性を書くのがほんとうにうまい。いつもふしぎなのだけれど時代の空気をだれよりも巧みに取り入れながらもどこか距離をおいて眺めているような、超越した感じがある。時代のモラルから当然のように自由ではないのに、同時にそんなことはどうでもいいと思っているかのような自由さ。平然と矛盾するのだ。この小説の舞台や登場人物たちにしたって、恋愛すら罪悪として咎め立てられるような価値観を正義としながらも、その正義を説く教師たち自身がどう考えても、当時のあるべき女性像とは思えない。ごくあたりまえの、等身大の、現代のわれわれとおなじような生身の女たちなのだ。印象的なふたりの教え子にしても、あの時代にああいう視点でもって書けるとは、そして当時のふつうのひとびとに共感をもって読ませてしまうとは、どういうことなんだろう。『坊ちゃん』のやりすぎなくらいのオマージュというか、古典のコード進行を借りて現代的な超絶技巧のプレイを聴かされてしまうというか。看板、の話はなるほどなぁと唸った。屋号や筆名をどうしようかと悩んでいたところだったからね。やっかいなひとたちに絡まれて筆名は泥まみれになってしまったけれど、書くこと自体をやめたからそれは別にかまわない。屋号はこのままにしようと腹を決めた。十年これでやってきたからね。信用も何もないけれど血も汗も想い出も染みついてるわけだ。あとこの本にしても元ネタの『坊ちゃん』にしても西部劇のプロットなんだよね。型破りな主人公がある土地を訪れてそこの腐敗と闘って去っていく。そういう意味では『坊ちゃん』も『信子』もハメットの『赤い収穫』と似ている。宇垣さん、というのがどういう人物か知らなかったので調べて、評価を知り、なるほどと唸った。うまいね。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的な作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本