マザリング・サンデー
ASIN: 4105901451

マザリング・サンデー

あの秘密の裏道を通って、わたしは本当の人生を漕ぎはじめる。一九二四年春、メイドに許された年に一度の里帰りの日曜日(マザリング・サンデー)に、ジェーンは生涯忘れられない悦びと喪失を味わう。孤児院で育ち、帰る家のない彼女は、自転車を漕いで屋敷を離れ、秘密の恋人に逢い、書斎で好きなだけ本を眺める。そこに悲報が――。のちに著名な小説家となった彼女の、人生を一変させた美しき日をブッカー賞作家が熟練の筆で描く。 2017年 ホーソーンデン賞受賞作


¥1,870
新潮社 2018年, 単行本(ソフトカバー) 176頁
ジャンル: 
※価格は表示時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者: グレアム・スウィフト

(1949年5月4日 – )英国の作家。ロンドンで生まれ、ケンブリッジ大学とヨーク大学で学んだ。1996年にブッカー賞とジェイムズ・テイト・ブラック記念賞(フィクション部門)を受賞。

2018.
10.12Fri

マザリング・サンデー

ひさびさにいい小説を読めた中編小説の切れ味はあえて踏み込まずに瞬間を切りとって見せることにあるのかもしれないその一瞬からすべてを読者に悟らせるようなその意味でニヴン氏の造形と描き方はすごくよかったエセルと対比する配置にもなっているそう考えると相手の男がどんな人物なのかよくわからないのは掘り下げなかったのではなく見せ方なのかもしれない死に向かう人間が何をどう考えているかなどくだくだと描くものではない他家の使用人に手をつけるという遊びだったはずの関係が案外本気の苦しみになったのではないかあのふるまいは死に化粧のようなものだったのではないかと推察させるにとどめるのが中編の鋭さだ男が死んで女はしたたかに生きつづけるあたりいかにも男性作家による恋愛小説だなと思う中編はやはり短い長編でも長い短編でもなく独自の佇まいがある形式だ十代において自分を形づくったのは中編だと思うし書くならやはり中編の鋭さが好みだしかしそうではあっても長編の豊かさがこの作家の本領であるのもまた事実未訳の長編をもっと読ませてほしい


(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告