ムーン・パレス
ISBN: 9784102451045

ムーン・パレス

人類がはじめて月を歩いた夏だった。父を知らず、母とも死別した僕は、唯一の血縁だった伯父を失う。彼は僕と世界を結ぶ絆だった。僕は絶望のあまり、人生を放棄しはじめた。やがて生活費も尽き、餓死寸前のところを友人に救われた。体力が回復すると、僕は奇妙な仕事を見つけた。その依頼を遂行するうちに、偶然にも僕は自らの家系の謎にたどりついた……。深い余韻が胸に残る絶品の青春小説。

¥ 907
新潮社(文庫: 1997-09-30)
ジャンル:
※価格は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:ポール・オースター

(1947年2月3日 -)米国の作家・詩人・映画監督。彼の作品はニューヨーク、特にブルックリンを土台にしている。1993年、『リヴァイアサン』によってフランス・メディシス賞の外国小説部門賞を受賞した。

2017.
09.07Thu

ムーン・パレス

手にしたのは学生時代でしたね。ルー・リードがきっかけでした。映画『ブルー・イン・ザ・フェイス』での彼の魅力ときたら。あんな楽しい作品にかかわった作家ってどんなんだろうと思ったのでした。「語り=騙り」の魅力で押してくる文体に強い印象を受けました。ルー・リードもそうですがオースターもチャンドラーの愛読者だったとあとになって知りました。なんでも掘り下げていくとつながってくるものですね。近年の作品が老いと死を主題にしているのが気がかりです。長生きしてくださいよ。オースターはおもしろい作品とダウナーで退屈な作品を交互に書くんですが、これはおもしろい側の彼です。これ以前の作品には関心がありません。ニューヨーク三部作は星新一を読んでいなければそこそこ愉しめたかも。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。アヴァン・ポップ、スリップストリーム、スペキュレイティブ・フィクションに分類される独創的な作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
amazon

似ている本