ムッシュ・マロセーヌ
ISBN: 9784560092132

ムッシュ・マロセーヌ

フランスで70万部超のベストセラー
 主人公バンジャマン・マロセーヌはパリの下町っ子で元デパートの「品質管理係」(実はクレーマー対応係)。出版社へ転職したものの、ここでも仕事の実態は「持ち込み原稿のお断り係」(名ばかり管理職)。家へ帰れば、母親は男と駆け落ちしては妊婦になって帰宅し、赤ん坊を彼に押しつけるとまた出奔。父親のぜんぶ違う弟妹ひと山を扶養家族にかかえ、どこへ行っても損な役回り–のはずが、弟妹には慕われ、友人や同僚にも恵まれ、美人の恋人までできて人間関係は上々。毎度血なまぐさい事件に巻き込まれはするものの、けっこう幸せな毎日を送っていた。
 そんな彼にも、ついに恋人から妊娠の知らせが。こんな冴えない自分に父親になる資格があるのか悩むマロセーヌ。ただでさえ家族は、友人たちを地上げや差し押さえから救うためにてんやわんやなのに。そこへ、恋人の家族ぐるみの友人で映画界の大立者から、遺産相続の話が舞い込んできた。だがそれをきっかけに、連続殺人犯の濡れ衣をきせられることになろうとは……。マロセーヌ、絶体絶命!シリーズ最終巻。

¥ 3,850
白水社, 単行本 486頁
ジャンル:
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:ダニエル・ペナック

(1944年 - )モロッコのカサブランカ生まれ。本名はダニエル・ペナッキオニ。リセの教師をしながら作家活動をしていたが、1995年以降作家に専念。児童文学作家としてデビューしたが、1985年に発表した『人喰い鬼のお愉しみ』がベストセラーになってから推理小説も書くようになった。

2017.
09.07Thu

ムッシュ・マロセーヌ

もっと読みたかったのに完結しちゃうし、なんとなくモヤッとする話だしで残念な思いをしたのを憶えています。主人公の妹に対する感情が、溺愛というには過剰に性的すぎる感じがして受け入れがたかったせいもあります。一作目、二作目の感じで長くつづいたらよかったのに。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告

似ている本