マイクル・コナリー

(1956年7月21日-)米国の探偵・犯罪小説家・テレビ脚本家。3年間の犯罪記者経験の後、刑事ヒエロニムス(ハリー)・ボッシュを主人公とした小説を書き始める。1992年『ナイトホークス』でエドガー賞処女長編賞を受賞。2003-2004年にはアメリカ探偵作家クラブ(MWA)の会長を務めた。テレビドラマ「BOSCH/ボッシュ」ではプロデューサーを務め、複数のエピソードの脚本を書いている。