カービン銃の妖精
ISBN: 9784560046494

カービン銃の妖精

冬のパリのアラブ人街。老婆連続殺害事件を捜査中の刑事が白昼頭を銃でふっとばされた。色めき立つ警察。この事件に恋人ともども巻き込まれた我らが身代りの山羊、マロセーヌ君。『人喰い鬼のお愉しみ』でわが国のユーモアミステリー・ファンの圧倒的支持を受けたマロセーヌ・シリーズ第2弾!

白水社(単行本: 1998-01)
ジャンル:
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:ダニエル・ペナック

(1944年 - )モロッコのカサブランカ生まれ。本名はダニエル・ペナッキオニ。リセの教師をしながら作家活動をしていたが、1995年以降作家に専念。児童文学作家としてデビューしたが、1985年に発表した『人喰い鬼のお愉しみ』がベストセラーになってから推理小説も書くようになった。

2017.
09.07Thu

カービン銃の妖精

マロセーヌ・シリーズはハードボイルドの応用で何がやれるか模索していた時期に読んだので、余計にはまりました。ミステリ小説としての手堅さはこの二作目がいちばんだったように記憶しています。三作目はミステリ色を強めようとしたために主役の影が薄れたし、四作目はなんとなく主題が拡散して不明瞭になったような感じでした。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本