杜 昌彦

D.I.Y.出版日誌

連載第102回: ある天文学者の恋文

杜 昌彦書いた人: 杜 昌彦, タグ:
2017.
12.16Sat

ある天文学者の恋文

着想の元になったであろうアシモフのファウンデーション・シリーズで盛り上がるのは予言がはずれるくだりで、それを映画でやるなら確かにこうなるだろうとは思う。若い女優を引き立てるのに同年代の美青年ではなく、いわゆる枯専の色男を持ってきたのもわからなくはない。しかし恋愛対象とする歳が若いほどその男は幼児的な人格であるのが実情だ。ましてジェレミー・アイアンズ演ずる天文学者は60代である。子どもや孫のような相手に関係を望む時点で異常人格だし、教師と教え子のような力関係が存在するなら、その望み自体が暴力になり得る。

この映画では女の側にもファザコンと自傷の根拠が示されていて、結末では次の恋も示唆されるので、おそらくそのあたりを虫のいい免罪符にしようとしたのだろう。けれども幻想を恋愛と言い換えて美談に仕立てたいばかりに、男の側が自傷の道具にされて苦しむ描写を避け、結果として掘り下げにしくじっている。おまけに虫のいい死別まで塗り重ねる。そもそも新しい恋自体、何もかもお見通し、人生の先輩である自分がお膳立てしてやったといわんばかりだ。歳の差や師弟のような力関係において、預言者めいた影響力を及ぼすのは支配欲にほかならず、歪んだ性癖と言わざるを得ない。

以前この日記でとりあげた『マイ・インターン』では弱気になって道を踏み外そうとするアン・ハサウェイを、常識人のロバート・デ・ニーロがあくまで友人として、年若き上司として遇する。こういうのが本当の大人の男なのだ。男はいくつになっても子ども、というのは美化されて語られがちだけれども、異常かつ劣化した遺伝子にいいことはひとつもない。Wikipediaによればジュゼッペ・トルナトーレは1956年生まれ、ナンシー・マイヤーズは1949年生まれ。若い世代のほうがジェンダー観は向上したはずなのに男性が監督した映画はいまだこのありさまだ。

虫のいい幻想のすべてが悪いとは言わない。すべてのジェンダーでお互いさまだと思う。しかし歳上の男が若い女に何かを託す、という妄想をどうせ語るのであれば、説教くさい美談に仕立てるのではなく、幼稚な自己愛を前提に、もっと無責任にやり放題やればいいし、やられる若者の側にも、負けずに圧倒するしたたかさを発揮させればいい。これも以前とりあげた『SCOOP!』では、あれだけやられたら若い女の側でも苦笑して受け入れざるを得ないだろう、と思わされる魅力があった。福山雅治だからと言われたらそれまでだけれども、しかしジェレミー・アイアンズだってジェレミー・アイアンズなのである。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告