逆さの月
SKU: B07HB4Z8B2

逆さの月

あたし渡辺聡美、十七歳。悪友たちのおかげで今日も二日酔い。携帯電話がまだふたつ折りだった頃。ツインタワーが倒壊する少し前。あたしと幸田と春ちゃんはだれとも違うあたしたちだけの時間を生きていた……。恋を恋と認めない語り手による青春サスペンス。

¥ 250
出版社:人格OverDrive
※価格はKindle版の登録時に出版者が設定した価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:杜 昌彦

(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。

逆さの月

ひとことで説明すると語り手である主人公が「これは恋愛小説ではない」と言い張る恋愛小説です。これが恋愛じゃなかったら何が恋愛なんだよというね。ちゃんと書いたのでがんばって売ろうとはりきったのですが例によって空振りでした。男性作家が書く女性像に「娼婦」「聖女」「太母」の三パターンしかないのはそのように書かないと最低限の共感が得られない、つまり売れないからです。女性だって差別意識が内在化されているので結局はそういう描き方を受け入れてしまう。世間がよしとするものからはずれたものしか書けないのですが、かといってはずれた人間のために書いているし自分自身がはずれた人間なのでどうにもならない。おまけに表紙を自分で描きましたからねぇ。この絵のせいで客を遠ざけたのかもしれない。Oddisee「You Grew Up」に触発されて書きました。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
amazon

似ている本