LAヴァイス
ISBN: 9784105372118

LAヴァイス

目覚めればそこに死体。LAPDの警官の群れ。顔見知りの刑事。んで―おいおいオレが逮捕なの?60年代も終わった直後、街にサーフ・ロックが鳴り響くなか、ロスのラリッ放し私立探偵ドックが巻き込まれた殺人事件。かつて愛した女の面影を胸に、調査を進めるドックが彷徨うは怪しげな土地開発の闇に拉致とドラッグ、洗脳の影。しかも、えーと、“黄金の牙”って?なに?ドックが辿り着いた真実とは―。

¥ 3,888
新潮社(単行本: 2012-04-01)
※価格は表示された時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者:トマス・ピンチョン

(1937年5月8日 - )現代の米国文学を代表する作家。1990年代以降定期的にノーベル文学賞候補に挙げられている。作品は長大で難解とされるものが多く、SFや科学、TVや音楽などのポップカルチャーから歴史まで極めて幅広い要素が含まれた総合的なポストモダン文学である。

2017.
08.31Thu

LAヴァイス

この本が出ると聞いたときは嬉しかったよね。大好きなピンチョンが大好きな私立探偵小説を書いてくれたわけだからさ。村上春樹が『長いお別れ』を訳してると知ったときと同じくらい嬉しかった。最高だよ。チャンドラーの作法に忠実なのにも驚かされた。考えてみればピンチョンのへんてこなユーモアはチャンドラーに似てるかも。『競売ナンバー49の叫び』でインターネットを予言した彼がARPANETに言及したのもおもしろかった。映画版もよかったよ。イメージ通りだったね。


(もり まさひこ、1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、藤井太洋氏、十市社氏らによる指導を受けた『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『逆さの月』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。最新恋愛小説『ぼっちの帝国』連載中。
ぼっちの帝国

似ている本