お薦め!
インフィニット・ジェスト
ASIN: B004TSKKE0

インフィニット・ジェスト

過去に夢見られた未来。中毒者更生施設エネットハウスの住民と、その近所のエンフィールドテニスアカデミーの学生は、視聴者を耽溺させ発狂に至らしめる映画『インフィニット・ジェスト』、及びそれを生み出した家庭の歴史を巡る謀略に巻き込まれる……世界的ベストセラー、本邦初訳成る!

※価格はこのページが表示された時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点で Amazon.co.jp に表示されている価格の情報が適用されます。

底なしの悪ふざけ

読んだ人:杜 昌彦

インフィニット・ジェスト

評判を耳にして興味を惹かれても翻訳原稿 400 字詰換算にして 4025 枚文庫本換算で 2769 頁少なくとも六分冊にはなろうかという大作を前にすればいかに小説好きでも躊躇しようTikTok とファスト映画とタイパの時代貴重な時間と労力をこの分厚い書物に捧げてよいものか輝けるもの必ずしも金ならず読むべきか読まざるべきか? ⋯⋯結論からいえば読者を楽しませる喜劇的な仕掛けがてんこ盛りで奇怪な登場人物がうんざりするほど続々と登場し後述する理由で洞察は浅いものの活き活きと描かれSF ではあってもジャンル小説感はなく強迫障害を強迫的な文体で執拗に描く入れ子構造漫画的というかモンティ・パイソン的なギャグと奇想枕にしたらうなされそうな分厚さの割には概ね飽きさせずまぁ圧倒的におもしろいし一読の価値はあるけれどしかし角谷美智子がどうのたまおうがそこまで神格化して持ち上げるまでもない気がする正直微妙⋯⋯というのが個人的な感想あぁ当時常温核融合なんて与太が流行っていたよなぁとの懐かしさを別にすればガジェットの古さは案外気にならずむしろパソコンとテレビが一体となったテレピュータなる代物とそこで再生される新メディアは動画配信サービスを連想させたしテレビ業界が自転車操業の果てに劣化し飽きられて凋落するさまはわが国の出版業界をも思わせ予言的にすら感じた問題はそこじゃない小賢しい若者⋯⋯というほど若くもない年齢の割に幼い男性作家の自己憐憫が長々と語られるだけに思える小説でひと言でいって大人向きではないというのも人間や人生に対する洞察が浅すぎ構成が散漫すぎるからでそしてそのどちらも困ったことに意図された必然でもあるその小賢しさを臆病となじるか時代の残酷さと憐れむかは読者次第だ

 内面との対峙を拒否しつづけて狂うハルと罪と向き合い麻酔を拒否して彼岸を彷徨うゲイトリーあるいは動物殺しのレンツと脅迫者にして十代の麻薬密売人ペムリス前者は冒頭と結末にその破滅が後者は結末でともに楽園から放逐されるさまが描かれるこの二組に見られるようなコール&レスポンスのごとき対の配置に加えて作中で描かれるアル中更生会さながらに膨大な登場人物が入れ替わり立ち替わりてんで勝手に過去の経緯を語っては退場する一方課題と主体的に向き合って行動するさまは避けられあくまで後から間接的に明かされるという他人事めいたあるいは解離性障害のような語りの枠組があって欠陥はその後者の技法に由来するいままさに目の前で生じている事件に積極的に対峙する数少ない例外は動物殺しの小悪党が引き起こした騒動においてそいつを守ろうとして重傷を負い魂の自由のために薬物を拒否するゲイトリーくらいであたかも物語の規則に逆らった罰であるかのようにこの男は死の苦しみを味わうはめになるこの語りは意図通り機能してはいるものの肝心の自由意志を描くには不向きで小説作法上それこそ作中で新入り女後述が批判されるような自己愛的な垂れ流しいわゆる書きすぎとならざるを得ずしかもそれが冒頭との対比や物語の循環を意図するがゆえに最大の山場であるアクションシーンを終え妻の不貞で狂ったとでもいいたげな被害者ぶった亡霊やアシッドアタックの被害者が経緯を語ることで最大の謎が明かされあとはもうさっさと話を畳むべきまさにその段階において本筋とは無関係な過去の犯罪歴が唐突に語られだししかもそれが長いという不釣り合いな結果となりいかに意図されようが必然だろうが段取りとしてこれは失敗といわざるを得ないそれをやるくらいなら墓荒らしの場面を補うとか虫責めされたオリンが小鳥のようにさえずったその経緯が例によってだれかの口から間接的にほのめかされるとかテロ組織と諜報組織の衝突乱闘をアクションで具体的に見せるとかいやいやそういう小説じゃないよとたしなめられるのはわかっているけれどせめてもうちょっと何かあっただろうと思わされる

 最大の瑕疵はそれ以上に冒頭で述べた通り人間や人生への洞察の浅さにあり同じことでも男がやれば共感すべきものとして肯定され女がやれば蔑まれる傾向があってたとえばアル中更生会で生育環境での暴力とそれによって損なわれた人生について語られるとき語り手が女であれば甘えるなそのくらいだれだって経験しているとばかり唾棄され男であればその同じ唾でもって舐め合わんばかりに思い入れたっぷりに共感されるしテニスの天才少年たち少女もいるのだがサウナ行者の関心の差にも表れるようにオールドボーイズ・クラブ的なこの小説では主にルッキズムの観点からしか語られないを集めた学園マイケル・ジャクソンやジャニー喜多川にとっての夢の楽園での性的虐待については加害者が男であればありがたい託宣を授けてくれる聖人として扱われ障害によってあらかじめジェンダーから解放されたマジカル・ニグロによって聖別されるその誕生シーンがことさら感動的に描かれる一方女であれば男たちを脅かす存在として身長の高さや社会的な成功や自信満々のふるまいが強調されさながら虞美人草の紫の女のごとく男たちを破滅させる自己愛的な社会病質者として糾弾されるこれはいかにも DV ストーカー作家らしい虫のいい被害者気どりに見えるし実際その側面も否定できないけれども一方ではこれもまた題材上の必然であると同時に先に述べた構成上の難点とも結びついており性暴力の循環 (『血と言葉参照それによる自己同一性の揺らぎホモソーシャルな学園の生徒らにせよ薬物中毒の犯罪者にせよ家庭の揉めごとによる心的外傷から夢のエネルギーやら特殊ガラスやらの着想を得る父 JOI がキャメラを手にしたウォーホルさながらに撮った映画にせよ岩棚で作中世界を要約したり物語を展開させるべく学園に潜入したりするスパイにせよ母を憎むがゆえに母を思わせる歳上の当時の概念における男らしい女ないしそれに準ずるものを支配しようとしてあべこべに女装スパイに籠絡される兄オリンにせよ同性愛的な描写やらジェンダーが曖昧な男やらが尽きせぬ悪ふざけのごとくこの小説では頻出するを扱うにあたって悪しき男らしさが無邪気に信奉されていた時代の制約から向き合って見定めることをハルやオリンと同様に拒否するしかなかったのも理解できるたぶん避けること自体が当時の向き合い方だったのだろうそれくらいしかやり方がなかったのだ

 ⋯⋯何をいってるかわからないって? たぶんこの作家は性的虐待の経験者だこの小説で向き合うのに失敗した向き合えば人生を全否定することになるからだジャニーズ事務所に捧げた青春のようにだからゲロを吐きながら舐め合いを肯定する要するにつまりそういう話だ

  GONZO の執筆と並走して続きが訳されるたびに読んできて文体に大いに影響を受けまるで売れなかった大失敗の出版から一年後に待望の柳楽訳サミズダートがついに完成し読み終えられたのは感慨深いコロナ禍がはじまって終わるまでの数年をこのふたつの小説と過ごしたことになる注釈もまた淡い焰ほどの主役扱いでこそないものの作品世界を構成する重要な要素であるからして注釈の注釈という入れ子まで頻出する)、 並行して読むべきものではあるのだけれどあいにく docx を epub に変換する過程に不具合でもあったのかタップしても一切ポップアップせずしたがって本編を通読してからまとめて読むこととなりしかしこれはこれで本筋とはいえないまでも学園側の小悪党が成敗される思いのほか通俗的な経緯がこれもまたひとつの結末ですよとでもいいたげにわかりやすく提示されていたりしてなくもない読み方でもあるのかななどと思ったりもしたこの大作をなんの報酬も出版のあてもなしに独力で翻訳するという偉業を成し遂げた柳楽馨先生に 尽きせぬインフィニット敬意と感謝を捧げる幸福な読書体験をありがとうございました

(2023年03月31日)

(1975年6月18日 - )著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『血と言葉』(旧題:『悪魔とドライヴ』)が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。代表作に『ぼっちの帝国』『GONZO』など。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告

AUTHOR


デヴィッド・フォスター・ウォレス
1962年2月21日 - 2008年9月12日

米国の作家。ウィリアム・T・ヴォルマンと並んでピンチョン以降のポストモダン文学の旗手の一人と呼ばれた。24歳で『ヴィトゲンシュタインの箒』で作家デビュー、特に大作 Infinite Jest によって知られる。亡くなるまで大学の創作コースで教えていた。死因は自殺とされる。カリフォルニア州クレアモントの自宅で首を吊っているところを、妻に発見された。『これは水です』というケニオン大学でのスピーチは2010年タイム誌で学外者スピーチのベストワンに選ばれた。

デヴィッド・フォスター・ウォレスの本