数学的にありえない
ASIN: 4167705753

数学的にありえない

破滅寸前の天才数学者ケイン。彼を悩ませる謎の神経失調には大きな秘密があった。それは、世界を根底から揺るがす「能力」の萌芽だったのだ。それを狙い、政府の秘密機関“科学技術研究所”が動き出し、その権力を駆使してケインを追いはじめた。なぜ彼らはケインを追うのか?彼らが狙うケインの「能力」とは何なのか?そして科学者トヴァスキーが進める「研究」の目的とは?執拗な追手から逃れつつ、ケインはその謎に迫ってゆく。いくつもの物語が謎をはらんで一斉に疾走、ここに前代未聞のアイデアを仕込んだジェットコースター・サスペンスが幕を開ける。第1回世界スリラー作家クラブ新人賞受賞作。


¥256
文藝春秋 2009年, 文庫 362頁
特集: 
※価格はこのページが表示された時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点で Amazon.co.jp に表示されている価格の情報が適用されます。

数学的にありえない

この本もねぇおもしろかったんですけどねぇ細かいことはいいんだよ! という感じの法螺話で二作目がぱっとしなかったんですよねぇ二年前に三作目が出ているらしいのですが邦訳されるかどうか

(2018年03月01日)

(1975年6月18日 - )著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『血と言葉』(旧題:『悪魔とドライヴ』)が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。代表作に『ぼっちの帝国』『GONZO』など。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告

AUTHOR


アダム・ファウアー
1970年 -

幼い頃、病で視力を失い、少年時代の多くを病院で小説の朗読テープを「濫読」して過ごす。デビュー作『数学的にありえない』は日米独伊ほか16か国あまりで出版されるベストセラーとなり、第1回世界スリラー作家クラブ新人賞を受賞した。

アダム・ファウアーの本