ホーカス・ポーカス
ASIN: B00C2R9UVE

ホーカス・ポーカス

二〇〇一年、アメリカはまたも破産に瀕し、企業の大半が外国に買収された。ベトナム戦争中にばかげたスピーチ、ホーカス・ポーカスで新兵を鼓舞していたハートキは、帰国後、勤めていた大学を首になり、日本人が経営する刑務所の教師になる。だが、そこで大脱獄事件が発生した……ハートキがたどる波瀾の人生。


¥715
早川書房 1970年, Kindle版 385頁
※価格は表示時点での価格であり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

著者: カート・ヴォネガット

(1922年11月11日 - 2007年4月11日)米国の作家。人類に対する絶望と皮肉と愛情を、シニカルかつユーモラスな筆致で描き人気を博した。現代アメリカ文学を代表する作家の一人とみなされている。20世紀米国人作家の中で最も広く影響を与えた人物。

2017.
09.07Thu

ホーカス・ポーカス

これヴォネガットとしては変な本です登場人物が普通にリアルなんですよ地に足がついた描写がされているなんで一作だけこんな書き方したのかなと思いますねある意味では到達点だと思いますどの本も安定して優れているのでそういう表現も違うかなとは思いますけどでも事実この本のあとには一作しか書かなかったわけですからやはりなんらかの想いはあったんじゃないかという気がします


(1975年6月18日 -)著者、出版者。喜劇的かつダークな作風で知られる。2010年から活動。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにて「注目の『セルフ パブリッシング狂』10人」に選ばれる。2016年、総勢20名以上の協力を得てブラッシュアップした『悪魔とドライヴ』が話題となる。その後、筆名を改め現在に至る。最新作は『ぼっちの帝国』。独立出版レーベル「人格OverDrive」主宰。
ぼっち広告